このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

家電量販店スタッフに聞く、2020年夏の家電選びのコツ 第8回

ヤマダ電機日本総本店LABI1池袋で、超大画面テレビが欲しくなる接客を受けてきた

2020年08月26日 17時00分更新

文● 近藤克己 編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本総本店LABI1池袋はヤマダ電機の集大成というべき店舗で、家電製品だけでなく自転車や書籍、玩具、家具、日用雑貨・化粧品・ドラッグ、家具・インテリア雑貨など、多種多様な商品を販売しています。家具売り場では、昨年グループ入りした大塚家具の高級家具だけでなく、ヤマダオリジナルのユニークな製品など、「こんなものまで売っているんだ」という発見があります。隣のアウトレット・リユース館にも意外な掘り出しモノがあったりするので、家電製品を探しているのならば池袋は常にチェックしておきたいところです。

高級品からリーズナブルなものまで、幅広い品揃えの家具売り場

大塚家具の食器棚は10万円以下の製品もあり、意外とお安い

家具と家電を組み合わせた提案売り場は家電量販店ならでは

高級寝具も数多く展示。売り場担当者がいうには「マットレスは高級な製品ほど耐久性が高く長持ちします。時々、上下の向けを入れ替えて使えばさらに長持ち。幾層ものウレタンとスプリングにより体圧の分散と寝返りのしやすさを維持しているので、腰痛を感じている方はまずは寝具の見直しを検討してください」

化粧品売り場にある「@cosmeコーナー」。@cosmeによるランキング上位の商品や厳選商品が並んでいます。家電を購入して獲得したポイントでこうした日用雑貨が購入できるのがヤマダ電機の便利なところ

日本総本店LABI1池袋では、正面入り口に「アスキー推し家電大賞」を大きく告知しています

写真は大阪のLABI1なんば。池袋だけでなく、全国のLABI店で「アスキー推し家電大賞」受賞製品の展示をしています

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン