このページの本文へ

ASUS ROG Strixシリーズから、高い冷却性能と静音性を備える電源4製品が登場

2020年08月07日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ROG-STRIX-850W-WHITE-EDITION」

 ASUS JAPANは8月7日、ゲーマー向けブランドROGより、高い冷却性能と静音性能を備えるROG Strixシリーズの電源ユニット4製品を発売した。

 いずれのモデルも、従来の2倍の体積を持ち、電源内部の温度を低下させることができる「ROGヒートシンク」、ROGビデオカード用に開発されたAxial-techファン設計、高い耐久性を持つデュアルボールベアリングを採用。熱設計パワーが40%以下になるとオンボードコントローラがファンを停止させる静音設計も備える。効率向上、熱制御、ノイズ減少による信頼性の向上で「80 PLUSゴールド」認定を取得。

 電源容量850Wの「ROG-STRIX-850W-WHITE-EDITION」(予想実売価格2万5850円前後)と「ROG-STRIX-850W-GOLD」(2万4200円前後)、750Wの「ROG-STRIX-750W-GOLD」(2万900円前後)、650Wの「ROG-STRIX-650W-GOLD」(1万8700円前後)がラインアップする。

「ROG-STRIX-850W-GOLD」(4製品とも本体サイズはおよそ幅160×奥行き150×高さ86mm、ATX12V規格

カテゴリートップへ

ASUS ROG × ASCII 記事ランキング