このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

iPadで星座やバーチャル旅行を満喫!夏に楽しむ・役立つおすすめアプリ

2020年08月05日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPad ProのLiDARスキャナのスゴさが先取りできるカメラアプリ

 今年の「WWDC20」ではデベロッパー向けにAR関連のアプリやサービスを開発するための最新ツール「ARKit 4」も発表された。キットの中には3月に発売された2020年モデルのiPad Proが搭載するLiDAR(Light Detection and Ranging)スキャナを活用する高度なARアプリを作るためのAPIツールも含まれている。秋以降にどんなARアプリが登場するのか楽しみだ。

【カメラで撮影して立体スキャンモデルを作る】Lidar Camera

iPad ProのLiDARスキャナの実力が体験できる「Lidar Camera」アプリ

 そのLiDARスキャナの実力の一端に触れられる「Lidar Camera」というアプリが既にApp Storeに公開されている。InLovewith ABが開発したARカメラアプリだ。iPad Proのカメラを向けた部屋の形を、家具や家電などオブジェクトの形も正確にトレースしながら立体スキャンモデルが作れる。1週間のフリートライアルも用意されているので、iPad Proを持っている方はLiDARスキャナでどんなことができるようになるのかイメージを掴んでみるといいだろう。

部屋の中をスキャンして立体スキャンモデルが作れる

 

iPadOS 14では手書きした文字を素速くデジタルテキストに変換

 正式リリースを控えるiPadOS 14ではApp Storeでのアプリ検索が新機能の「スクリブル」を使ってより速くできるようになりそうだ。

 「スクリブル」の詳細は既報の通りだが、iPadOSのあらゆるテキストボックスにApple Pencilを使って手書きした文字を素速くデジタルテキストに変換してくれる機能だ。ローンチ当初に対応する言語には日本語が含まれていないが、英語のアルファベット入力は日本国内でも使える。今回は特別な許可を得て取材・撮影したiPadOS 14パブリックベータによるスクリブルの画面を紹介しよう。

 スクリブルはiPadOSの「検索」機能から、Safari、マップ、そしてミュージックなどさまざまなアプリの検索テキストボックスにフリーハンドで書いたアルファベットの文字を、かなり正確に認識してデジタイズしてくれる。テキストボックスをはみ出て書いても認識してくれるので、iPad miniでも快適に使えそうだ。

スクリブルは当初日本語入力に対応していないが、ミュージックアプリでアーティストを検索したり、アルファベット入力からでも結構使える場面がある

 これまでApple Pencilはどちらかと言えばiPadでイラストや図面を描くことに使うクリエーター向けツールとして認識されがちだったと思う。スクリブルにより手書きでできる範囲が広がると、Apple Pencilの入力デバイスとしての可能性にも豊かさが増す。巡り巡ってApple Pencilの新しいバリエーションモデルの誕生を促すことにもならないだろうか。秋以降の展開に注目したい。これからiPadOS 14のパブリックベータテストに参加を予定している方はぜひスクリブルを試してほしい。

 

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中