このページの本文へ

iPadで星座やバーチャル旅行を満喫!夏に楽しむ・役立つおすすめアプリ

2020年08月05日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マップアプリでバーチャル海外旅行を楽しもう

 今年はウィルス感染を防ぐため、遠くへ旅行に出かけることはなるべく控えた方がよさそうだ。特に海外旅行はしばらくの間は難しそうだが、iPadがあればバーチャル・トラベルを通じて新たな発見があるかもしれない。

【大自然や都市の絶景をパノラマ・スカイツアー】AirPano Travel Book

世界の絶景パノラマ写真が楽しめる「AirPano Travel Book」

 「AirPano Travel Book」はCONCEPT360社が開発した、バーチャル・トラベルが楽しめるアプリだ。360度カメラで空撮した自然の風景を中心に収録する「Travel Book」と、大都市の摩天楼を空から眺められる「City Book」など複数のコンテンツが用意されている。AirPanoはサブスクリプション課金のアプリで、月額の場合450円、年額は4400円。

現場まで足を運んでも絶対に見られない風景を楽しめるのがアプリの良いところ

 空撮パノラマ写真のストックは世界200地域の2000を超えるショットに及んでいて、今後作品が随時追加される。イグアスの滝の空撮写真は迫力満点だ。夕暮れ時のアムステルダムの駅前広場の街並みに何故か郷愁を誘われた。

 

【FlyoverやLook Aroundを楽しみ尽くせ】アップル純正「マップ」

マップの検索先に「Flyover」のアイコンを見つけたら、ぜひ一度その街の空の旅を楽しんでみよう。参考までにパリの街を富んでみた動画を紹介する。※Web掲載用に解像度を落としている

 AirPanoに収録されているパノラマ写真はとてもキレイでバーチャル旅行気分を盛り上げてくれるが、視点の切り替えが写真単位でしかできない。

 そこでおすすめしたいのがアップル純正の「マップ」アプリによる、世界主要都市の“飛空旅行”だ。

 例えば憧れの街・パリに出かけてみよう。マップからパリを検索すると、左側に表示されるメニューに「Flyover」という機能メニューが表示される。こちらをタップすると、パリの上空を自由自在に3Dビューの視点を変えながら、まるでグライダーに乗って飛び回るような感覚で空の旅が楽しめる。

 マップの3Dデータは高解像な静止画だが、ピンチインズームで建物の細部にまで寄れる。iPadを手に持ちながら傾けると視線の角度も変えられる。

 画面の左下に表示される「都市のツアー」をタップすると、視点をゆっくりと移動しながら街の主要な観光スポットを移動するバーチャル・スカイツアーが楽しめる街もある。旅先を足でまわる感動とはまたひと味違った、マップアプリだからこそ味わえる興奮がここにある。

 アップルの公式情報によると、本稿執筆時点で世界約80箇所の街や地域でFlyoverが利用できる。大聖堂建築の愛好家である筆者としては、なるべく早くロマネスク・ゴシック様式の大聖堂が密集するドイツとフランスの全土を隈なくFlyoverできるようにして欲しい。

米国や日本の一部都市が対応している「Look Around」もiPadで楽しむバーチャル旅行に最適。ニューヨークのタイムズスクエアを歩き回ってみた動画を紹介する

 アップルのマップアプリにはその街の風景に仮想ダイブができる「Look Around」機能もある。ニューヨークやサンフランシスコなど、アメリカの一部大都市にしか対応していないが、日本にいながら海の向こうの街並みをいつでも身近に感じられるLook Aroundはとても夢のある素敵な機能だと思う。

マップアプリがアップデートされて、日本のいくつかのロケーションがLook Aroundに対応した。眺めたい街のマップに移動して、画面に表示される双眼鏡のアイコンをタップするとピクチャ・イン・ピクチャ表示のLook Aroundに。静止画をスワイプすると視点が変更できる。もちろん全画面表示で楽しむことも可能だ

 なお、Look Aroundは日本でも東京や京都、大阪をはじめいくつかの都市で利用できるようになった。夏休みの間に街の隅々までLook Aroundを使って歩き回ってみると色んな発見がありそうだ。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中