このページの本文へ

各種検索機能をトップ画面下部に設置し、よりスムーズな検索が可能に

Yahoo!ブラウザー、カメラ検索などの機能を強化 デザインも大幅リニューアル

2020年08月03日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤフーは、同社が提供する「Yahoo!ブラウザー」において、利用者の利便性向上を目的に、検索機能の強化とデザインの大幅リニューアルを実施したと発表。

 Yahoo!ブラウザーはこれまで、スマホのメモリ最適化など、ウェブサイトの閲覧を支援する機能の提供が中心だった。今回、ユーザーの利用実態を鑑みて、利用頻度が高い検索機能の課題解決を目的に大幅リニューアルを実施したとのこと。

 従来、Yahoo!ブラウザーは、起動後に「Yahoo! JAPAN」スマホ版のトップページを表示していた。そのため、ページ上部にある検索機能に指が届きにくく、「早く検索したい」と思う時にスムーズに検索ができない状態だったという。

リニューアル前

リニューアル後

 今回のリニューアルで、各種検索機能を指が届きやすいトップ画面下部にまとめて設置したため、よりスムーズに検索が利用できるようになったとする。これまでも搭載していたカメラ検索や音声検索は文字入力が不要となるため、「どのようなキーワードで検索したら良いか分からない」という時にもスムーズに答えに辿り着けるとしている。

 トップ画面には、ショッピング(Yahoo!ショッピング)、ヤフオク!といったECサービスへの検索も設置し、ユーザーが欲しい物や探したい物をYahoo!ブラウザーからスムーズに検索できるようになった。また、Twitterで盛り上がっている「話題のワード」や、ウェブ検索数が急上昇した「検索急上昇ワード」も表示し、検索の持つビッグデータから見える世の中の状況を発信していくとのこと。

 そのほか、撮影した画像やスマホに保存されている画像・ウェブ上の画像から、似ている商品や画像を検索できるカメラ検索機能もアップデートした。これまでは、類似商品検索と類似画像検索(関連サイト含む)のそれぞれの検索結果を表示する形式だったが、1回の検索で商品・画像・関連ウェブサイトなどの情報をまとめて検索できるようになった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン