このページの本文へ

クラスター発生時の感染リスクを早期に把握することで感染拡大抑止を見込む

ヤフー、「PassMarket」を活用した新型コロナ見守りサービスの店舗版を提供開始

2020年06月26日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤフーは6月26日、東京都と「店舗型東京版新型コロナ見守りサービスに係る新型コロナ・テックパートナー企業に関する覚書」を締結。東京都の新型コロナ・テックパートナーとしてデジタルチケット販売サービス「PassMarket(パスマーケット)」の機能を活用し、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」の提供を開始すると発表した。

 店舗型東京版新型コロナ見守りサービスは、新型コロナウイルスの市中感染リスクの抑止を目的に、都立施設で導入が始まっている「東京版新型コロナ見守りサービス」の対象範囲を、民間の飲食店などの店舗にも拡大したもの。PassMarketが提供する。

 登録方法は、「事前申込み方式」と「店舗訪問時方式」の2種類。事前申込み方式は、ユーザーが店舗を訪問する前に、PassMarketのウェブサイト上で対象店舗のチケットを入手する方法。チケットの入手には、メールアドレスとニックネームを入力する必要がある(Yahoo! JAPAN IDを保有するユーザーはログインをすれば入力不要)。

 店舗訪問時方式は、ユーザーが店舗を訪問した際に店頭の二次元コードを読み取り、PassMarketに掲載されている対象店舗のウェブサイトにアクセスして、事前申込み方式と同じ操作をする方法。

 これらにより、店舗で新型コロナウイルス感染症の感染者集団(クラスター)が発生した場合、店舗はPassMarketのシステムを通じて、登録ユーザーにクラスター発生などの感染情報を通知できる。ユーザーはクラスター発生時の感染リスクを早期に把握し、保健所などへ早期に相談できるため、新型コロナウイルス感染拡大を抑止する効果が見込めるとしている。

 なお、本サービスへの登録の有無、クラスター発生情報を通知した事実を含め、ユーザーの個人情報が東京都に提供されることはない。本サービスは、ワクチンが開発されるなど、新型コロナウイルス感染症が終息した段階で提供を終了する予定とのこと。

 ヤフーは、店舗型東京版新型コロナ見守りサービスの参加店舗の拡大にも努め、地域情報サービス「Yahoo!ロコ」に掲載されている都内の飲食店舗に本サービスの案内をして利用を促すとしている。また、同社を傘下に持つZホールディングスの子会社である一休が運営する「一休.comレストラン」の加盟店舗に対して、一休とともにPassMarketの機能提供を進めていくとのこと。

 本サービスの利用を希望する店舗は、PassMarketにて店舗ページを作成後、申し込みフォームから申し込むことで利用できるようになる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン