このページの本文へ

サードウェーブ、Core i9-10900K搭載のクリエイターPCなど2機種

2020年07月29日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは7月29日、「raytrek(レイトレック)」において、クリエイターPC「raytrek XT」と「raytrek ZF」を発売した。販売は全国のドスパラおよびドスパラ通販サイト。価格は14万8478円から。

 スレッド数の増加した最新CPUを採用しており、複数のアプリケーションの同時使用や、ファイルの書き出しなど、マルチコア性能が要求されるクリエイティブワークを高速に処理するという。イラストやマンガ制作、RAW現像、動画編集など、幅広い用途に活用できるとしている。

 raytrek XTのスペックは、CPUがCore i7-10700、グラフィックスはGeForce GTX 1660 SUPER、メモリーは16GB、ストレージは512GB SSDと2TB HDD。価格は14万8478円。

 raytrek ZFのスペックは、CPUがCore i9-10900K、グラフィックスはGeForce RTX 2070 SUPER、メモリーは32GB、ストレージは512GB SSDと4TB HDD。価格は23万6478円。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ