このページの本文へ

日立、冷凍庫と野菜室を切り替えられる冷蔵庫 料理の粗熱とり機能も

2020年07月30日 09時00分更新

文● 盛田諒 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

567L冷蔵庫 R-KX57N
7月30日発売
43万円前後
日立グローバルライフソリューションズ

https://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/lineup/r-kxn_release/

 日立グローバルライフソリューションズが7月30日、新型冷蔵庫「R-KX57N」を発売します。下2段には冷蔵室/冷凍室/野菜室を好きに割り当てられて、上段の冷蔵室には料理の粗熱とりなどに使える急冷機能を備えました。

●「まんなか野菜」に「どっちも冷凍」

 下2段の温度を選べる「ぴったりセレクト」は昨年の製品から採用したもの。新製品は「野菜室」運転時、フラップを使って食材に直接風を当てず、容器を通じて冷やす間接冷却の仕組みを採用。昨年のモデルより野菜が乾燥しにくくなったといいます。

 7日間保存した小松菜を比べる同社のデモを見てみると、昨年の製品ではしんなりしているのに対して、新製品はまだしゃっきりとしていました。

新製品では小松菜がしゃっきりしている

 上段の冷蔵室は、独立した冷却機とファンがつき、庫内全体を約2℃のチルド温度にする「まるごとチルド」機能つき(設定時は消費電力が5%上がる)。新製品ではファンの回転数を上げて急冷する「クイック冷却」機能を備えました。

「クイック冷却」機能を備えた

 缶ビールを15分ほど冷やした同社のデモを見ると、昨年の製品は13.2℃だったのに対して、新製品は4.9℃とすばやく冷やされていました。

新製品ではすばやく冷えた

 昨年のぴったりセレクト冷蔵庫では主に、「まんなか野菜」「まんなか冷凍」「どっちも冷凍」の分け方で使われているということ。

 下2段をどっちも冷凍室にすると買い物かご6個ぶんの冷凍食品がおさまるそうです。その場合、野菜室がありませんが、まるごとチルド冷蔵室も間接冷却になっているので通常よりは野菜の乾燥を防げるということでした。

「どっちも冷凍室」にすれば買い物かご6個ぶんの冷凍食品がおさまる

 冷蔵室で冷やしたサラダを比べる同社のデモを見てみると、まるごとチルドではない旧式の製品ではパプリカがしんなりしていたのに対して、新製品ではまだしゃっきりとしていました。

新製品ではパプリカがしゃきっとしている

●生活の変化に合わせて変えられる

 ただし、プラチナ触媒という特殊なパーツで野菜の鮮度を保つ「新鮮スリープ野菜室」、庫内に真空状態を作って鮮度を保つ「真空チルド」など、大容量モデルが備えている機能はありません。庫内の食材を撮影し、家族のあいだで共有できる機能などを備えた連携アプリも使えません。

 日立の冷蔵庫を使っている身としては、中でも恐ろしくなるほど野菜の鮮度が保てる「新鮮スリープ野菜室」が推しなので、省かれてしまったのは残念です。もしかしたらプラチナ触媒ケースをパーツとして買い、野菜室に放りこんでおけばそれなりに効果を期待できるのかもしれませんが……。

 とはいえ、忙しいときには冷凍食品を買うことが増え、家にいる時間が長くなると野菜を買うことが増えたりするもの。引っ越しや、子どもの成長、生活の変化などに合わせて機能を変えられる「ぴったりセレクト」の魅力は大きいです。価格がこなれてくれば、なかなか良い付加価値では。

アスキーキッズメルマガ 毎週土曜に配信中

 アスキーキッズは毎週土曜、一週間ぶんの記事をまとめて読めるメールマガジンを配信中。人気連載「ほぼほぼ育児」をはじめ、ニュース、イベント、プログラミング教育入門、みんなの子育て体験談など、子育ての参考になる情報満載です。ご登録はこちらから。

カテゴリートップへ