このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第87回

XPS17 実機レビュー = 大画面モバイルとして買って間違いなしの最強PCだった-倶楽部情報局

2020年07月31日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「XPS17 実機レビュー = 大画面モバイルとして買って間違いなしの最強PCだった」を紹介します。


 デルは第10世代(Comet Lake)のCore i7プロセッサーを採用した17型ノートPC「XPS 17」を6月12日に発表、同日より販売を開始した。本製品はXPSシリーズで最も大きな17インチディスプレーを搭載したモデルだ。

 「フレームレス」を謳う狭額縁ディスプレーを採用することで、15インチクラスのボディーに17インチディスプレーを搭載している。またハイパフォーマンスノートPC向けのHプロセッサーにディスクリートGPUが組み合わされており、処理性能も期待大。最大画面と圧倒的パワーを求める方にとって、最注目モデルなのだ!

「XPS 17」直販価格27万9980円~

4モデルが販売中
RTX2060搭載モデルもリリース予定

 XPS 17は、4つの構成で発売となった。

「New XPS 17」27万9980円
 Core i7-10750H/GeForce GTX 1650 Ti/RAM16GB/SSD512GB/17型FHD+

「New XPS 17 プラチナ(大容量SSD搭載)」28万9980円
 Core i7-10750H/GeForce GTX 1650 Ti/RAM16GB/SSD1TB/17型FHD+

「New XPS 17 プラチナ(UHD+タッチ・大容量メモリー&SSD搭載)」33万6980円
 Core i7-10750H/GeForce GTX 1650 Ti/RAM32GB/SSD1TB/17型UHD+

「New XPS 17 プラチナ(UHD+タッチ・大容量メモリー&SSD・Office H&B付)」35万8980円
 Core i7-10750H/GeForce GTX 1650 Ti/RAM32GB/SSD1TB/17型UHD+/Office付き

 つまりCPU「Core i7-10750H」(6コア12スレッド、2.60~5.00GHz)と外部グラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti」は同じで、メモリー、ストレージ、ディスプレー、Officeのあるなしの異なる4モデルが販売されているわけだ。

 なお、より上位の外部グラフィックス「NVIDIA GeForce RTX 2060」搭載モデルが近日追加される予定だ。ちなみに米国ではGeForce RTX 2060に、「Core i7-10875H」(8コア16スレッド、2.30~5.10GHz)が組み合わされて販売されている。日本でもこのコンビで販売される可能性が高い。

パッケージには本体以外に、「130W Type-C電源アダプター」、電源ケーブル、「USB-C to USB-A v3.0およびHDMI v2.0変換アダプター」、説明書(クイックスタートガイド、安全および認可機関に関する情報、Regulatory Information Sheet、デル お問い合わせ窓口のご案内)

HDMIとUSB Type-A端子を増設できる「USB-C to USB-A v3.0およびHDMI v2.0変換アダプター」

今回試用した構成。Core i7-10750H/GeForce GTX 1650 Ti/RAM32GB/SSD1TB/17型UHD+という構成の「New XPS 17 プラチナ(UHD+タッチ・大容量メモリー&SSD搭載)」

ボディーはアルミ&カーボン製
4つのTunderbolt 3端子はどれでも充電OK

 XPS 17の本体サイズ/重量は374.45×248.05×19.5mm/2.11~2.51kg。天板と底面はプラチナシルバーのアルミニウム合金、パームレストはカーボンファイバー、ディスプレーはCorning Gorilla Glass 6と、質感&剛性を重視した素材が採用されている。実際に持った感触としても、強度という点では現在のノートブックのなかでトップクラスに感じられた。

 なお重量が2.11~2.51kgとされているが、最低重量の2.11kgはタッチ非対応ディスプレーと56WHrバッテリーを組み合わせたときのもの。日本向けモデルには97WHrバッテリーが内蔵されており、56WHrバッテリーは選択できない。

 ディスプレーは、17型FHD+ WVA液晶(1920×1200ドット、16:10、非光沢、輝度500cd/平方m、タッチ非対応)、17型UHD+ WVA液晶(3840×2400ドット、16:10、反射防止、輝度500cd/平方m、タッチ対応)の2種類が用意されている。輝度は同じだが、FHD+の色域はsRGBカバー率100%。UHD+の色域はAdobeRGBカバー率100%、DCI-P3カバー率100%とされている。解像度は言うまでもなく画質はUHD+のほうが上だが、最大電力消費はFHD+が5.50W、UHD+が13.98Wと後者のほうが圧倒的に多い。バッテリー駆動時間を優先させるのなら、あえてFHD+を選ぶのもひとつの選択だ。

 インターフェースは、Thunderbolt 3×4(USB 3.2 Gen 2、電源供給、DisplayPort対応)、フルサイズSDメモリーカードリーダー×1、3.5mmヘッドセットジャック×1、くさび形ロックスロット×1という構成だ。なおThunderbolt 3はすべての端子が電源供給に対応しているので、「130W Type-C 電源アダプター」はどの端子に挿してもOKだ。

 通信機能はWi-Fi 6(11ax)、Bluetooth 5.1に対応。イーサネット端子は搭載されていないので、有線LAN接続したい場合には「Dell DA200 アダプター USB Type-C to HDMI/VGA/イーサネット/USB3.0」(8290円)などのアダプターが別途必要だ。

本体天面。カラーはプラチナシルバーの1色のみだ

本体底面。高性能なCPU、外部グラフィックスを搭載しているだけに、底面には吸気口が大きく開いている

画面対ボディー比率93.7%の狭額縁ディスプレーを採用したことにより、17インチマシンで15インチクラスのボディーを実現している

カラーキャリブレーション機器「i1Display Pro」と色度図作成ソフト「ColorAC」で計測したところ、AdobeRGBカバー率100.0%、AdobeRGB比111.0%という値が出た

UHD+ WVA液晶の輝度は500cd/平方m。色域の広さも相まって、非常に鮮やかに画像、映像を堪能できる

キーボードは日本語仕様と英語仕様を用意。キーピッチは19.05×18.05mmだ

キーストロークは実測1.5mm前後

本体前面(上)と本体背面(下)。ディスプレーのヒンジ部分に排気口を配置。デュアルファンと大型ベイパーチャンバーにより排気を行なう

本体右側面(上)にThunderbolt 3×2(USB 3.2 Gen 2、電源供給、DisplayPort対応)、フルサイズSDメモリーカードリーダー×1、3.5mmヘッドセットジャック×1、本体左側面にくさび形ロックスロット×1、Thunderbolt 3×2(USB 3.2 Gen 2、電源供給、DisplayPort対応)が配置されている

ディスプレーの最大展開角度は実測141度

ACアダプターは90Wと130Wタイプの2種類が用意されている

「130W Type-C 電源アダプター」の仕様は、入力100-240V~1.8A、出力20V 6.5A、容量130W

本体の実測重量は2501g

「130W Type-C 電源アダプター」の実測重量は431.5g

ボディーサイズが大きいぶん
あらゆる操作に余裕がある


 続きは「XPS17 実機レビュー = 大画面モバイルとして買って間違いなしの最強PCだった」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1295(2020年8月11日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1294(2020年8月4日発行)

  • 週刊アスキー No.1293(2020年7月28日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2020August

  • 週刊アスキー No.1292(2020年7月21日発行)

  • 週刊アスキー No.1291(2020年7月14日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事