インバースネット、Ryzen 3000XTシリーズ搭載の「GAシリーズ」3モデル

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは7月27日、CPUに第3世代AMD Ryzen 3000XTシリーズを搭載するデスクトップパソコン「GAシリーズ」3モデルを発売した。

 CPU、グラフィックス、ストレージが異なる3機種をラインアップする。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 Ryzen 3000XTシリーズは、7nmテクノロジーの「Zen 2」アーキテクチャを採用した第3世代Ryzenの新ラインナップ。第3世代Ryzenの自動クロックアップ機能である「Precision Boost2」や、ストレージの高速化技術の「StoreMI」などはそのままに、Ryzen 9 3900XTとRyzen 5 3600XTは100MHz、Ryzen 7 3800XTは200MHzのクロックアップ(ブースト時)を実現した。また、AMD B550搭載のマザーボードと組み合わせることでPCIe Gen4.0を完全サポートするほか、DDR4 PC4-3200メモリーにも対応する。

 マザーボードは、ASRock製の「B550 Phantom Gaming 4」を採用。PCI Express 4.0 x4対応のM.2スロット×1、SATA3またはPCI Express 3.0 x2のM.2スロット×1を装備する。インターフェースは、USB Type-A(USB 3.2 Gen1)×6を備え、多彩な周辺機器の接続にも十分に対応できるとする。

 フロントパネル部分にヘアライン加工を施したPCケースは、エアーインテイクホールをパネル前下部と両側面にアレンジし、ケース前後の12cmファンと合わせて通気性能を強化することで、内部デバイスへのフローポテンシャルを確保。5インチ外部ベイ×1、5インチ内部ベイ×1、3.5インチ外部ベイ×1、3.5インチ内部ベイ×5、 2.5インチ内部ベイ×1を備え拡張性にも優れるほか、大型ビデオカードの搭載も可能だ。本体サイズ(突起部含む)は、およそ幅200×奥行き485×高さ423mm。

 上位モデルは、CPUにAMD Ryzen 9 3900XT、グラフィックスにGeForce RTX 2070 SUPERを搭載する。そのほか、メモリーが32GB、ストレージが1TB M.2 NVMe SSD+2TB HDDといった構成だ。価格は税別20万4800円。

 中位モデルは、CPUにAMD Ryzen 7 3800XT、グラフィックスにGeForce RTX 2070 SUPERを搭載。メモリーは16GB、ストレージは1TB M.2 NVMe SSD+2TB HDD。価格は税別17万9800円。

 下位モデルは、CPUにAMD Ryzen 5 3600XT、グラフィックスにGeForce GTX 1660 SUPERを搭載する。そのほか、メモリーは8GB、ストレージは500GB M.2 NVMe SSDといった構成だ。価格は税別10万9800円。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月