NVMe SSDを搭載可能でWi-Fi 6にも対応

第10世代インテルCoreとGTX 1650搭載の15.6型ゲーミングノートPC

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは8月6日、第10世代インテルCoreプロセッサーを搭載するゲーミングノートパソコン「LNシリーズ」を販売開始した。

 メモリーとストレージ容量が異なる3モデルをラインアップする。いずれもOS、メモリー、ストレージなどのカスタマイズが可能だ。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 CPUには6コア/12スレッドで稼働するCore i7-10750H(2.6GHz)、グラフィックスにはGeForce GTX 1650(GDDR6)を搭載するゲーミングノートパソコン。ディスプレーは15.6型で、解像度はフルHD(1920×1080ドット)。

 NVMe SSDを搭載可能で、大容量ゲームもストレスなくインストールできるとうたう。また、2基の冷却ファンと左右側面、背面、底面の通風孔で冷却効果を高めた。バッテリーは、薄型で安定性の高いリチウムイオンポリマーを採用することで、ディスプレーサイズはそのままに、従来モデルと比較して本体サイズの小型化・軽量化を実現したとのこと。

 本体背面にはHDMI1.4×1、ミニDisplay Port1.4×1を備え、外部ディスプレーに接続すればゲームを大画面でプレーできる。そのほか、Wi-Fi 6やBluetooth 5に対応する。

 上位モデルは、メモリーが16GB、ストレージが1TB SSD(M.2 NVMe)といった構成。価格は税別11万6800円。

 中位モデルは、メモリーが8GB、ストレージが500GB SSD(M.2 NVMe)という構成。価格は税別10万6800円。

 下位モデルは、メモリーが8GB、ストレージが240GB SSD。価格は税別10万2800円。

過去記事アーカイブ

2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月