このページの本文へ

さくらインターネット、「さくらの専用サーバ PHY」提供開始

2020年07月21日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは7月21日、専用サーバーサービスをリニューアルし「さくらの専用サーバ PHY」とすると発表した。7月28日に提供を開始する。

 前身のサービス「さくらの専用サーバ」は1997年6月より提供している物理サーバーサービス。新たにグローバルネットワーク/ローカルネットワークが自由に利用でき、1台のサーバーに複数のネットワークが接続可能としている。自社でサーバーを管理運用するオンプレミス環境から、ホスティング環境へ移行する際にはシステム構成の変更を必要とする場合が多くボトルネックになることがあるが、自由度の高いネットワーク構成により移行の手間を軽減できる。

 また、ハイブリット接続やブリッジ接続と組み合わせることにより、「さくらのクラウド」や「さくらのVPS」などの仮想サーバーサービスやハウジングサービスなどとの柔軟な連携も可能。さらに、全モデルのサーバーで電源や電源分配ユニットの冗長化やネットワークスイッチの冗長化が可能となり、電源起因やスイッチ起因による障害を軽減し、より安全な運用を可能としている。

基本構成/料金(税込)

カテゴリートップへ

ピックアップ