このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ルーマニアMEZEの最高級ヘッドホンの日本限定パッケージも

S'NEXT、マニアのサブ機に適した、ag完全ワイヤレス「TWS04K」

2020年04月24日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 S'NEXTは4月24日、自社ブランド「ag」(エージー)に完全ワイヤレスイヤホン「TWS04K」を追加した。発売日は5月1日。価格は1万5800円。本日から予約受付を開始している。

 S'NEXTは、finalを展開する国内企業だが、agは手軽な価格でめったに出会えない優れた製品を実現する別ブランドとして展開している。

マニアのサブ機にふさわしい高音質

 TWS04Kは、マニアのサブ機としてふさわしい音質を目指した“Kシリーズ”の最新モデル。昨年末に発売した「TWS01K」の後継モデルとなる。finalブランドで培ったノウハウを用いながら、ワイヤレスイヤホン特有の聞き疲れしやすさに取り組んでいる。

 完全ワイヤレスイヤホンは、ドライバー部分に力を入れていないことが多く、イコライジングなどソフトウェア処理に頼った音質調整がなされているため、聴き疲れしやすい高域と強調された低域を組み合わせた、いわゆる“ドンシャリ”サウンドになっている製品が少なくないとする。

 TWS04Kでは、こうしたソフトウェア処理なしでも十分満足できる音質になるようにドライバーの音響特性を追求。Bluetooth伝送に起因する、高音域の気になる部分のみわずかにイコライザーで補正する手法で開発した。技術的裏付けにより、透明感のあるクリアなボーカルと十分な低音感の両立ができたという。

 防水性能にもこだわっている。ノズル内部に音質調整用のフィルターとは別に防水フィルターを設置すると、構造上音質を数段落としてしまうため、agの従来製品では敢えて防水は採用していなかった。一方、TWS04Kでは、音質への影響がほとんどない防水機構の開発に成功し、IPX7相当の防水仕様となっている。

 Bluetooth 5.0対応で、SBC、AAC、aptXコーデックに対応する。再生周波数帯域は20Hz~20kHz。

 イヤーチップは、finalの「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」を5サイズ同梱。本体ケースは革シボ仕上げで、モバイルバッテリー機能付きで2600mAhの大容量仕様。本体のみで9時間、充電ケースを併用した連続再生時間は最大180時間となる。USB Type-C経由で充電し、充電時間はイヤホン本体のみが2時間、ケースが4時間。

 また、紛失したユーザーを対象に、ag公式ウェブサイトで片耳のみの販売もしている。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン