このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

高機能ストレージ「Drobo」でデジタルライフをアップデート 第8回

手取り足取り丁寧に解説! 「Time Machine」と「Drobo」で、Macの大切なデータを保護

2020年08月03日 11時00分更新

文● 山口優 編集●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Drobo社の外付けストレージ「Drobo 5C」。日本ではコンピュータ周辺機器などでおなじみのプリンストンが代理店となり販売・サポートを行っている

 仕事でも日常生活でもパソコンを安全かつ安定して運用するには、バックアップを定期的に実行し、必要に応じてリカバリやリストアを行うことが大切。Macの場合、データを自動バックアップできる「Time Machine」やネット経由でmacOSを再インストールできる「インターネット復元」などの機能が標準で搭載されており、容量の大きな外部ストレージさえ用意すれば深刻なトラブルに見舞われても比較的簡単に元の状態に復元することが可能だ。

 ここでは、macOS標準のバックアップ機能と組み合わせて使うのに最適な外部ストレージ「Drobo」と、その設定方法、実際のバックアップ方法を詳しく紹介していこう。

 なお、プリンストン公式のDrobo解説サイト「https://www.drobo-jp.com/instruction/timemachine.html」にも、「Time Machine」によるバックアップのやり方が解説されている。本稿では実際に試した方法を紹介するが、併せて公式サイトの情報も参考にして欲しい。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ