このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日本に来る可能性はあるか? シャオミが「Mi Band 5」やスマート電動スクーターを発表

2020年07月16日 14時45分更新

文● 中山 智 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メルセデスとのコラボモデルも登場するスマートスクーター
テレビに接続するスティック型端末も

 ウェアラブル以外では、スマートスクーターとして「Mi Electric Scooter Pro 2」を発表。最大スピードは時速25km、最大航続距離は最大45kmで最大勾配は20%となっている。安全性もアップしており、ダブルブレーキングシステムにより、停車時にバランスを崩して転倒するといった危険を回避できる。価格は499ユーロ(約6万円))で、メルセデスAMGとコラボレーションモデルも開発中とのこと。

スマートスクーター「Mi Electric Scooter Pro 2」

最大航続距離は45km

ブレーキシステムなどのハードウェアだけでなく、ソフトウェアでも安全性を高めているとのこと

「Mi Electric Scooter Pro 2」の価格は499ユーロ

前モデルをブラッシュアップした低価格モデルの「Mi Electric Scooter 1S」も発表。こちらは399ユーロ

メルセデスAMGとコラボレーションも計画中

 Android TVベースのテレビに接続して使う「Mi TV Stick」も発表。Bluetooth接続のリモコンも付属し、Googleアシスタントによる音声操作にも対応している。さらにリモコンにはNetflixとPrime Video専用のボタン装備しており、同サービスを使うユーザーならワンボタンでアプリが呼び出せる。

 スペックはオクタコアプロセッサーを搭載しメモリーは1GB、ストレージは8GBで、ストリーミングの出力は1080pとなっている。価格は39.99ユーロ(約4800円)から。

テレビのHDMIに直接挿して、スマートテレビとして使える「Mi TV Stick」

出力は1080pまで

Android TVとして使えるので、動画や音楽だけでなく、ゲームも楽しめる

Chromecastデバイスとしても活用可能

NetflixとPrime Video専用のボタンを装備したリモコンが付属する

 最後に発表されたのは、ゲーミング用ディスプレーの「Mi Curved Gaming Monitor 34"」。解像度は3440×1440ドット(アスペクト比21:9)で、リフレッシュレートは144Hz。名前のとおり湾曲タイプで、曲率は1500Rとなっている。価格は399ユーロ(約4万8000円)から。

湾曲型のゲーミングディスプレー「Mi Curved Gaming Monitor 34"」

リフレッシュレートは144Hz

21:9のアスペクト比で曲率は1500R

「Mi Curved Gaming Monitor 34"」の性能・機能ポイント

価格は399ユーロから。ここでも3と9

 今回スマートフォンではなく、IoT機器の発表がメイン。シャオミのShou Zi Chew氏(President of International)は、「シャオミはスマートフォンとそのほかのIoT機器がシームレスに結合されたシステム、スマートフォンとAIoTのデュアルエンジン戦略を追求している」と解説。今後もさまざまなIoTプロダクトがシャオミからリリースされそうだ。

スマートフォンに関してはラインアップなどの紹介にとどめていた

●42 スマートフォンとAIoTがシャオミの両輪となっている

 

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン