このページの本文へ

シャオミ、au5Gスマホに加え、「Mi Band 5」や完全ワイヤレスイヤホン、空気清浄機も国内発売

2020年08月31日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャオミは、KDDIから3月に「7月以降発売予定」として発表され、8月に入って、auサイト上でも詳細が公表されていた5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G」の9月4日の発売を発表した(価格はすべて税込)。

主要3キャリアから初のシャオミスマホ
4万円強で5G対応や4眼カメラなどを搭載

 Mi 10 Lite 5Gは、au Online Shopでの一括購入時の価格は4万2740円(かえトクプログラム対象時の支払総額は2万9900円)と、シャオミらしいコスパに優れたミドルクラスのモデル。主なスペックは、6.6型有機EL(20:9、1080×2400)、Snapdragon 765G、6GBメモリー、128GBストレージ、4160mAhバッテリー、Android 10(MIUI 11)など。5Gはサブ6対応で下り最大2.1Gbps。防水やおサイフケータイには非対応。

auから発売される5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G」

 4眼構成のカメラは、メインが約4800万画素で、超広角(約800万画素)+マクロ(約200万画素)+深度測定(約200万画素)の組み合わせ。AIにより、あらゆるシーンに対応するほか、120fpsのスローモーション動画も撮影可能。カラバリはコズミック グレーとドリーム ホワイトの2色。

日本でも人気のシャオミのスマートバンドの最新モデル
ワイヤレスイヤホンや空気洗浄機も近日発売

 本国では、スマートフォン周辺のIoT機器、生活家電でも多数の製品をリリースしているシャオミ。日本向けにも4製品を追加。近日発売予定と発表された。

 まずは「Mi スマートバンド 5」。小型ディスプレーを搭載した安価なウェアラブル端末として、国内でも人気が上昇中の製品の最新モデル。価格もお手頃で4490円となっている。

「Mi Band 5」が日本にも来る!

 ディスプレーが1.1型カラー有機ELと従来モデルから20%拡大したほか(従来モデルは0.95型)、光学式心拍センサーの精度向上で、各種スポーツでの負荷などをより正確に把握。また、最大14日の連続使用が可能なバッテリーについては、バンドから本体部分を外すことなくチャージが可能になり、利便性がアップした。

カラバリは6色が用意される

 完全ワイヤレスイヤホンは「Mi完全ワイヤレスイヤホン 2 Basic」「Mi完全ワイヤレス小型イヤホン Basic 2」の2モデル。価格は3990円と2490円。

 まず前者はオープンイヤー型で、音楽好きとビジネスパーソン両方をターゲットにした製品とのこと。特にマイクについては、片方で周辺ノイズをフィルタリングしながら、もう片方でユーザーの声を拾うことで、クリアな通話を可能にする。また片方を外すと自動的に一時停止する自動耳検知機能もある。対応コーデックはSBC/AAC、14.2mmの大型ダイナミックドライバーを採用する。バッテリー動作時間は連続5時間で、ケースと合わせて最大20時間。

「Mi完全ワイヤレスイヤホン 2 Basic」

 後者はよりコンパクトなカナル型で、側面のタップで音楽アプリや電話を受けるなどの操作が可能。バッテリー動作は連続4時間で、ケースと合わせて、最大12時間。

「Mi完全ワイヤレス小型イヤホン Basic 2」

 最後は「Mi空気清浄機 3H」。価格は1万9900円。本体にタッチディスプレーを搭載。この画面には動作状況のみならず、室温や湿度、PM 2.5といった現在の空気の状況が表示される。

日本国内では炊飯器に続く、生活家電のリリース

 空気清浄機としては、一体型バレルフィルターの採用とともに3層の濾過が特徴。それぞれ、ホコリなどの大きな物質、細菌や花粉、そしてホルムアルデヒドとサイズが異なる物質を補足できる。クリーンエア供給量は毎分6.333m3。スマホにインストールしたMi Homeアプリのほか、GoogleアシスタントやAmazon Alexaでの音声による操作も可能。

フィルター部分

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン