このページの本文へ

数分後のゲリラ豪雨を予測できる

高性能気象レーダーのデータを活用したアプリ「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」

2020年07月07日 17時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」

 日本気象協会は7月7日、実用型「マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダー(MP-PAWR)」のデータを活用したスマートフォン向けアプリ「tenki.jp Tokyo 雨雲レーダー」を公開した。

アプリ画面

 本アプリは、内閣府のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)における実証実験の一環として公開するもの。

 MP-PAWR(エムピーパー)は、内閣府のSIPにて開発された世界初という気象レーダーで、30秒から1分で雨雲の高速三次元観測が可能なフェーズドアレイ気象レーダー(PAWR)と雨量を高精度で計測できるマルチパラメータ(MP)レーダーの機能をあわせ持つ。上空の強い降水域をいち早く、正確に観測できることで、数分後に地上に到達する強い雨を事前に察知できるようになるという。

 本アプリは、MP-PAWRで観測した高精度データと、日本気象協会が提供する天気予報専門メディア「tenki.jp」のノウハウを生かし、急速に発達する雨雲の予測を最短1分ごとの更新で表示できる、誰でも使いやすいアプリとして開発。MP-PAWRの観測情報を活用した予測情報を一般向けに広く提供するアプリは、本アプリが初めてとしている。

 また、本アプリではMP-PAWRの特徴である高速3次元観測を生かした、雨雲の断面図(高度500~15500m)の様子が見られるコンテンツを開発中で、2020年7月上旬ごろに新機能として本アプリ内に追加する予定。

 なお、本アプリで使用するデータは、情報通信研究機構(NICT)と防災科学技術研究所(NIED)の協力を得て使用している。

 本アプリの価格は無料で、対応OSはiOS 13以降、Android 8以降。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン