このページの本文へ

エミライ、BAドライバー6基搭載モデルなどFiiOブランドのイヤホン3モデルを発売

2020年07月02日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エミライは7月2日、中国のオーディオブランド「FiiO Electronics」のイヤホン「FA9」「FA7」「FA1」の取り扱いを開始した。同社オンラインショッピングサイトのみで販売する。

FA9

 FA9は、chあたり6基(高域・超高域用2基/中域用2基/低域用2基)のKnowles製BAドライバーを搭載するユニバーサルIEMのフラッグシップモデル。また、主にハイエンドIEMで使用されるKnowles製BAドライバー「EJシリーズ」をFiiOブランドとしては初めて採用した。

 各ドライバーは、入念に設計された4ウェイクロスオーバーにより動作し、低域、中域、高域、超高域がシームレスにそろった音質を生むという。

 複数のドライバーの相互干渉を回避するため、特別に設計された全長80.6mmの音導管も備える。特別設計の音導管はローパスフィルターとして機能し、不要で過剰な中高音を効果的に除去して、シームレスな周波数特性を実現するという。また、クリーンな低音により低音の分解能を全体的に高めたとのこと。

 導体に8本編み銀メッキ高純度単結晶銅線を採用した付属ケーブルは、極小の歪みとロスで音楽を伝送し、可能な限り色付けの少ない音質を実現したとのこと。また、ケーブルは着脱可能で、万が一ケーブルが破損した場合でも交換できる設計を採用した。

 そのほか、本体には組み合わせにより合計8パターンの音質チューニングが可能な3つのサウンド調整スイッチを搭載する。主なスペックは、周波数帯域が15Hz~40kHz、インピーダンスが16~32Ω@1kHz。感度は110dB/113dB@1mmW。カラーバリエーションは、ブラックとクリアの2色。価格は6万500円。

FA7

 FA7は、Knowles製ドライバーを4基搭載する、フルBAタイプのユニバーサルIEMのハイクラスモデル。各ドライバーは4ウェイ・クロスオーバー・ネットワークで動作し、ダイナミックな低域、澄み切ったボーカル、高い分解能ながら粗さのない滑らかな高域を持つリファレンス・サウンドを実現したという。

 着脱可能な付属ケーブルは、導体に銀メッキ高純度単結晶銅線を採用した。また、イヤーチップは、バランス重視、低音重視、ボーカル重視の3タイプ(それぞれS/M/Lの3サイズ)、Mサイズのフォームイヤーチップ3ペア、Mサイズの2段フランジ型イヤーチップ1ペアの合計13種類を同梱する。

 主なスペックは、周波数帯域が20Hz~40kHz、インピーダンスが23Ω、感度が110dB/mW。カラーバリエーションはブラックとレッド/ブルーの2色を用意。価格は3万6300円。

FA1

 FA1は、FiiOとKnowlesが共同開発した専用のカスタムBAドライバー「ED-33357」を搭載。BAドライバーの特長とする強靭で切れの良い低域、リッチな中域、高分解能な高域を楽しめるという。また、15Ω/1kHzという低インピーダンス設計により、スマホでも高音質再生が可能とのこと。

 また、ミクロン単位の精密さで作られた特別設計の音導管の組合せにより、ディップやピークのない自然でスムーズな周波数特性になるようチューニングされているとのこと。

 そのほか、導体に銀メッキ高純度無酸素銅線を採用した着脱可能なケーブルを備える。主なスペックは、周波数帯域が20Hz~40kHz、感度が111dB/1kHz,1mW。カラーバリエーションはブラックとレッド/ブルーの2色を用意。価格は1万2100円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン