このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MacのCPU変更がついに発表! 「WWDC 2020」特集 第14回

iPad Proが俄然メインマシンになるiPadOS 14 #WWDC20

2020年06月26日 09時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが完全オンラインで実施した世界開発者会議WWDCでは、例年通り、iOS、iPadOS、watchOS、tvOS、macOSの5つの最新版の発表、新しい開発者キット、そしてMacのApple Silicon移行が明らかとなりました。

 今後2年かけて、Macの全ラインアップがアップル自社設計のAシリーズチップをベースとしたシステムに置き換えられていくことになり、初号機は2020年内に登場するとアナウンスされました。

 ただし移行期間中もIntelチップを搭載するMacも登場するとのこと。

 筆者のように、5月に喜び勇んで第10世代Intel Coreチップを搭載する13インチMacBook Proを新調した人も、決して憂うことはありません。

 Intel Mac向けにも秋にはmacOS Big Surがリリースされますし、今後登場するアプリはIntel・Apple両方のチップで動作するUniversal 2アプリ 
となるでしょう。唯一Apple Silicon Macにできて、Intel Macにできないことは、MacでiPhone/iPadアプリを実行することです。

 でも、それってやるかなあ……というのは決して負け惜しみではありません。だって、筆者のメインマシンは、iPad Proなのですから。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中