このページの本文へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第198回

待望の標準メモリー16GBも:

魅力的なMacBook Pro登場で「13インチ選び」やや難しく

2020年06月16日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■上位モデルはメモリー「16GB」が標準に

 2020年モデルにおいてもう1つ注目したいのが、Thunderbolt 3を4ポート搭載した上位モデルにおいて、標準のメモリーが「16GB」に、ストレージは「512GB」に、それぞれ倍増した点です。

メモリーは16GB、ストレージは512GBが標準搭載に

 前モデルが標準で搭載していた「8GB」では、やはり足りない場面があり、もたつきや引っかかりを感じる場面がありました。遅くて耐えられないレベルではないものの、毎日仕事で快適に使うにはやはり16GBは欲しいところです。

 しかし13インチモデルに16GBを搭載するには、アップルへの注文時にカスタマイズする必要があり、値引きやポイント還元を受けられる店頭モデルよりも割高になりがちでした。

 また、アップルの認定整備済製品や、一般の中古ショップに並ぶのは多くが標準の8GBモデルで、16GBモデルはなかなかありません。会社から一律で支給される場合など、自分ではスペックを選べない場合もあり、8GBで我慢していた人も多いのではないでしょうか。

 ストレージについても、256GBではスマホと同期するだけでも空きが不足しがちでした。これが標準で512GBに底上げされたことで、「iPhoneより容量が少ない」という悲劇は避けられるようになりました。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン