このページの本文へ

『Pokémon GO』ポケモンが物体の後ろに隠れて見えるAI機能追加

2020年05月27日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Nianticは5月26日、スマホアプリ『Pokémon GO』に、「ARブレンディング」と「ポケストップスキャン」を追加したと発表。対象スマホは「Galaxy S9」「Galaxy S10」「Google Pixel 3」「Google Pixel 4」。順次ほかのデバイスにも対応するとしている。

 ARブレンディングは「GOスナップショット」に追加。スマホに搭載されている最新のAR機能を活用することで、ポケモンの体の一部、または全身が、現実世界にある物体の後ろに隠れて見えるようになる。

 同社の開発チームは現在、ゲーム内すべてのポケストップやジムを表示する3Dマップを作成しており、今後はさらなるAR機能の強化を目指しているという。

 今回追加したポケストップスキャンは、事前に許可を求めるオプトイン機能。現実世界のポケストップやジムをさまざまな角度から撮影した動画をアップロードすることで、体験の向上はもちろん、今後のAR機能の開発にも協力できる。

 最初はレベル40のトレーナーが6月上旬に使用可能になり、順次レベルごとにほかのプレイヤーも対象になる予定とのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン