このページの本文へ

岡山県産のデニム生地を使用したビジネスリュック

2020年05月18日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは5月18日、岡山県産のデニム生地を使用したビジネスリュック「200-BAG165シリーズ」を発売した。販売はサンワダイレクトにて。価格は1万7800円。

 国産ジーンズの発祥地とされる岡山県産の児島デニムを素材として使用し、鞄制作の一大産地だという兵庫県豊岡で制作した日本製のビジネスリュック。デニム生地には撥水コーティングを施しており、雨の染み込みや汚れはもちろん、色落ちなども防ぐとのこと。ハンドルの握り部分やファスナー引手には牛革を採用した。

 内装は明るいオレンジ色で、パソコン収納用ポケットやタブレットポケット、4つの小物ポケットを装備するほか、水筒を収納できるホルダーも内蔵する。また、本体前面にも2つのポケットを備える。

 本体底部に備える5つの金属鋲により自立も可能。また、キャリーサポーターを使ってスーツケースにも装着できる。

 本体サイズ(取っ手・ベルト除く)/重さは、およそ幅300×奥行き145×高さ420mm/およそ1.14kg。カラーバリエーションは、ブラックとネイビーの2色を用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン