このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山根博士の海外モバイル通信 第491回

キーボードマニアに再び夢を届ける、Planetのスライド式スマホがアツい!

2020年04月20日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

物理キーボード好き歓喜のスマホ「Gemini PDA」
後継機種を発売予定!

今度はスライドするキーボードを備えたAstro Slide 5G Transformer

 QWERTYキーボードを備えたスマートフォンが次々と市場から消えていく中、2017年にクラウドファンディングで資金調達に成功した「Gemini PDA」がPlanet Computerから登場しました。指先でのタッチも可能な本格的なキーボードを備えた製品として、キーボード搭載スマートフォンファンたちの心を虜にし、日本からのオーダーも多く日本語キーボードモデルも登場。さらには日本で正規代理店から発売になるなど、ニッチな製品ながらも一定の支持を受けています。

Planet Computer初代モデルのGemini PDA

 そのPlanet Computerから今度はスライド式キーボードを備えた「Astro Slide 5G Transformer」が発表になり、現在キックスターターで資金調達を募集しています。製品化に必要な調達資金は日本円で約2100万円でしたが、受付を開始するや否や世界中から続々と資金が集まり、残り22日(4月17日時点)で約9300万円を集めるほどの人気となっています。アーリーバードの優待価格は1台あたり約5万7000円でしたので、ざっくり計算すると約1600台のオーダーを集めたことになります。

 ちなみに過去にはGemini PDAが約2億2300万円、後継モデルの「Cosmo Communicator」が2億3300万円を集めました。毎年新機種を出しながらこれだけの注目を集めたということで、Planet ComputerもAstro Slide 5G Transformerの投入に自信がついたのでしょう。

Gemini PDAを閉じたまでも通話可能にしたCosmo Communicator

 ちなみに社名がPlanet(惑星)、歴代モデルはGemini(ふたご座)、Cosmo(天体)、Astro(宇宙)と宇宙にちなんだネーミングにこだわっています。気が早いですが次期モデルも太陽系の惑星や星座の名前が付けられるのでしょうね。

 さて、Gemini PDAが出てきたときはノートPC代わりにもできそうな大型キーボードを備えながらも、折りたたむとポケットに収まる6型ディスプレー搭載スマートフォン(LTE版とWi-Fi版の両方が存在)として「よくぞ出してくれた!」と涙を流したマニアも多かったと思います。Planet Computerは元々PDAのPsion社にいた人々が立ち上げた会社で、そのPsionも1990年代後半からミニサイズのキーボード付きPDAを出し人気がありました。Gemini PDAの押しやすいキーボードはPsionのPDA譲りのデザインなのです。

Gemini PDAのキーボード。指がフィットするくぼみがあり打ちやすい

 ちなみに日本では当時PalmのPDAが大きなシェアを握りましたが、PsionのPDAも細々ながら日本語化キットが出るなどして日本で発売されたことがありました。そしてPsionが開発した同社PDA向けの「Epoc OS」は1998年にノキアやエリクソンなどと共にOS部門を分離し、「Symbian OS」としてスマートフォン向けにリビルドされていったのです。

 Gemini PDAは閉じた状態の天板部分にはディスプレーがなく小さなLEDライトが埋め込まれているだけだったので、通知がわかりにくく通話に出るためには開く必要がありました。それでもキーボードのデキの良さで充分満足できる製品だったのです。ところがPlanet ComputerはそのGemini PDAの出荷もまだ完全に終わっていない2018年11月に上位モデルのCosmo Communicatorを発表。今度のモデルは天板にディスプレーとカメラを搭載し、閉じたままで通話や通知受信が可能、写真も撮れる製品へと進化したのです。

Gemini PDA(左)とCosmo Communicator(右)の天板の違い

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン