このページの本文へ

マスクやヘルメットの着用も分析する多彩な画像認識機能を搭載

アイリスオーヤマ、AIカメラ事業に参入

2020年04月14日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイリスオーヤマは4月13日、ネットワークカメラにAIアルゴリズムを搭載したモデルを含む全38機種の「AIカメラ」シリーズによりAIカメラ事業(セキュリティーカメラを含む)に参入すると発表した。4月20日に発売する。

 

 製品ラインアップは、AIアルゴリズム搭載モデル20機種と、セキュリティーカメラのスタンダードモデル10機種。さらにモデルに共通して使用できるビデオレコーダー8機種の合計38機種を用意。

 AIアルゴリズム搭載モデルは従来の防犯対策だけでなく、マスク着用時でも顔認証できる機能を搭載。マスクやヘルメット着用を認識する顧客属性分析、レジの混雑状況や顧客の滞在場所や時間がサーモグラフで可視化できる「顧客動線ヒートマップ」、車両番号や車体を認識する「車両認識・管理」、不審な動きや過去の犯罪者をブラックリスト化し注意喚起する「不審行動・不審者アラート」などの機能を搭載。

 カメラ本体にAIアルゴリズムを内蔵し、必要な分析結果のみをアプリケーションに送信できることからデータ量を減らし回線への負担を軽減。顔認識スピードは0.2秒と素早い解析が可能です。全てのモデルで4K UltraHDクオリティレンズを搭載し、高解像度・高視野角で撮影可能。暗視や逆光にも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン