このページの本文へ

総合家電メーカーへの第一歩

アイリスオーヤマ、4Kテレビを発売し黒物家電事業に参入

2018年11月06日 15時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイリスオーヤマは11月5日、HDR対応4K晶テレビ「LUCAシリーズ」7機種を発表。11月22日に発売する。同社は2019年には黒物家電事業に本格参入するとしている。

 HDR対応4K(3840×2160ドット)液晶を搭載する65V型/55V型/49V型/43V型の4製品、フルハイビジョン(1920×1080ドット)液晶搭載の40V型/43型2製品、ハイビジョンモデル(1366×768ドット)液晶搭載の32V型1製品の計7モデル。いずれも地上デジタル、BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵。USBポートに接続した外付けHDDに番組録画が可能。

 予想実売価格は、4Kモデルが8万6184円から、フルハイビジョンモデルが6万4584円から、ハイビジョンモデルが5万3784円。アイリスオーヤマは今年で創業60周年を迎え、中期経営計画「2022年グループ売上高1兆円」を目標に掲げて総合家電メーカ-として展開を図るとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン