このページの本文へ

ファーウェイ、第10世代Coreにタッチパネルもありの新型「HUAWEI MateBook 13」

2020年04月14日 13時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは14日、13インチノートPCの新モデル「HUAWEI MateBook 13 NEW」を発表。4月24日に発表する。Core i5モデルとタッチパネル対応のCore i7モデルがあり、予想実売価格はそれぞれ税抜11万9800円と税抜15万9800円。

ファーウェイの13インチモバイルPCが新型の「HUAWEI MateBook 13 NEW」に進化

お手頃モバイルPCであることは変わらずに
Core i7モデルはGPUやタッチパネルも搭載

 ベゼル幅を細くすることでワンサイズ小さな本体を実現した、13インチのお手頃モバイルPC「HUAWEI MateBook 13」に新モデルが登場した。画面占有率約88%で2K解像度のフルビューディスプレイなどの特長はそのままに、CPUは第10世代のCore i5/i7にアップデート。さらにCore i7モデルは外部GPUとして、「NVIDIA GeForce MX250」を搭載するほか、タッチパネル対応などの強化が図られている。

 また、ファーウェイ製スマホとの連携機能「Huawei Share」も特徴的な機能となっている。スマホの画面をPC上に表示させて、ドラッグ&ドロップで相互にファイルをコピーしたり、PCのキーボードでの文字入力、タッチパネルでのスマホ操作などが可能。

写真は英語キーボードだが、実際の製品はバックライト付きの日本語キーボードとなる

 本体サイズは約286×211×14.9mm、重量は約1.3kg(Core i7モデルは約1.32kg)。JEITA 2.0基準のバッテリー駆動時間は約12.4時間(Core i7モデルは約13.1時間)。そのほか詳しいスペックは以下のとおり。

  ファーウェイ「HUAWEI MateBook 13 NEW」の主なスペック
ディスプレー 13型IPS液晶
画面解像度 2160×1440ドット
タッチ対応 ×
CPU Core i5-10210U
(4コア/8スレッド)
(1.6GHz、最大4.2GHz)
Core i7-10510U
(4コア/8スレッド)
(1.8GHz、最大4.9GHz)
グラフィックス UHD Graphics 620 GeForce MX250
メモリー 8GB(LPDDR3) 16GB(LPDDR3)
ストレージ 512GB SSD(PCIe接続)
サイズ 約286×211×14.9mm
重量 約1.3kg 約1.32kg
端子 USB 2.0 Type-C(充電兼用)、USB 3.0 Type-C(DP出力対応)、
ヘッドフォンジャック
(MateDock 2付属:USB 3.0 Type-A、USB 3.1 Type-C、HDMI 2.0、D-sub15ピン)
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
カメラ 約100万画素
バッテリー
(JEITA 2.0)
約12.4時間 約13.1時間
カラバリ スペースグレー
OS Windows 10 Home 64ビット
市場想定価格(税抜) 11万9800円 15万9800円
 

カテゴリートップへ