このページの本文へ

日本も対象 アップルとグーグル新型コロナ濃厚接触追跡で協力

2020年04月11日 13時25分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルとグーグルは、政府と保健機関による感染拡大を防ぐ活動の支援として、ユーザーのプライバシーとセキュリティを設計の中心に据えた、Bluetoothの利用を可能にする共同の取り組みを実施すると4月10日に発表した。

 新型コロナウイルス感染症は、感染者との接触により伝染する可能性があると言われているが、アップルとグーグルはAPIとOSレベルの技術から、濃厚接触の可能性を検出するという。

 両社は、ユーザーのプライバシーとセキュリティを設計の中心に据え、「強力なプライバシー保護を維持しながらも事態の緊急性に鑑み、以下の2つのステップで同ソリューションの実装を計画している」という。

 まず、公衆衛生当局が提供するアプリを利用するAndroid及びiOS端末間で、相互運用を実現するAPIを5月にリリースし、これらの公式アプリはそれぞれのアプリストアからユーザー自身でダウンロードできるようになるという。

 さらに、今後数ヵ月をかけ基盤となるプラットフォームに同機能を組み込むことで、より広範にBluetoothベースの濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの実現を目指すとうたう。

 

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中