このページの本文へ

やむを得ない事情で外出しなければならない人を支援

Yahoo!、地図上で混雑度がわかるマップ機能「混雑レーダー」を提供

2020年04月10日 16時30分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤフーは4月10日、「Yahoo! MAP」および「Yahoo!地図」において「混雑レーダー」の提供を開始した。

 混雑レーダーはYahoo! MAPアプリ(iOS/Android)、ウェブのYahoo!地図で利用できる地図上でエリアやターミナル駅周辺の混雑度を確認できる機能。1月31日に終了したが、再度提供を開始した。

 政府や各自治体は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出自粛や集団感染の原因となる人が混雑した空間を避けることを要請している。混雑レーダーでは、Yahoo! JAPANが提供する各アプリ上で位置情報の利用を許可しているデータをもとに算出した2時間前から26時間前までの混雑状況を色で段階的に表現するヒートマップとして確認できる。

アプリ版

 画面下部のスライダーを動かすことで、2時間前から26時間前までの各時間帯の混雑状況が確認でき、また、再生ボタンをタップすると、混雑状況の推移をアニメーションで再生可能。今回は、以前より大幅に位置情報データ数が増え、表示の仕組みを改良したことで、より高い精度で混雑状況を表示するという。

Yahoo!地図(ブラウザー版)

Yahoo!地図(スマホのブラウザー版)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン