このページの本文へ

グーグル、非正規雇用者のための「COVID-19基金」を設立

2020年03月11日 18時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは3月10日(現地時間)、公式ブログにおいて、「COVID-19基金」を設立することを明らかにした。

 派遣社員や短期プロジェクトの臨時スタッフなどの世界中の非正規雇用者が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止対策など、新型コロナ関連で就業できない場合は、有給休暇を取得できるようにするために設立するもの。

 グーグルは先週、一部の地域で従業員に在宅勤務を奨励。マイクロソフトと同様に新型コロナウイルス対策の影響を受けるオフィスの非正規雇用スタッフに賃金を支払うとしていたが、3月10日には在宅勤務を北米全域に拡大したという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ