Crucial「CT1000BX500SSD1」、「CT2000BX500SSD1」

CrucialのSSD「BX500」に容量1TBと2TBの新モデルが追加

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Crucialの2.5インチSerial ATA対応SSD「BX500」シリーズから、容量1TB「CT1000BX500SSD1」と2TB「CT2000BX500SSD1」の2製品が発売された。価格はそれぞれ1万1980円と2万5980円。

「BX500」シリーズに追加された容量1TB「CT1000BX500SSD1」と2TB「CT2000BX500SSD1」

 「BX500」シリーズは、NANDフラッシュにMicron製3D NANDを採用するコストパフォーマンスがウリのエントリー向けモデル。基本スペックは、転送速度がシーケンシャルリード540MB/sec、同ライト500MB/sec、MTBF(MTTF)は150万時間。

人気ブランドCrucialのエントリー向けモデル。ラインナップが拡充された

 すでに120GB、240GB、480GB、960GBの計4モデルが発売済みで、新たに大容量の2モデルが追加された格好だ。販売しているのはテクノハウス東映と東映ランドだ。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月