このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

通信の安定性と通話品質にも配慮

Technics初の完全ワイヤレス、ノイズキャンセリング対応で3万円台

2020年02月26日 13時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは2月26日、“Technics”ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「EAH-AZ70W」を発表した。価格はオープンプライス。店頭での販売価格は3万1000円前後(税抜)になる見込み。発売は4月中旬を予定している。

 こだわりはTechnicsブランドならではの高音質だが、通信の安定性、遅延の少なさ、通話品質の高さなどにも配慮。アクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)機能の搭載など、市場で求められる高機能を積極的に盛り込んでいる。

 イヤホン部はIPX4相当の防滴仕様。バッテリー駆動時間はノイズキャンセリングONの状態で約6.5時間、OFFの状態で約7.5時間(充電ケースとの併用で約19.5時間/約22.5時間)。15分の充電で約70分/約80分利用できる急速充電機能も持つ(完全充電までの時間は4時間)。充電用端子はUSB Type-Cとなっている。

 本体にはタッチセンサーを装備し、軽くタッチするだけで、再生/一時停止、音量の調節、楽曲のスキップ、通話の着信と停止といった操作が可能。また、2秒ほど長押しすることでANCのオンオフや外音取り込みの切り替えが可能となっている。イヤホン部の重量は約7g(片側)。ケースは約65gだ。

 専用アプリ「Technics Audio Connect」を利用することで、バッテリー残量の確認やANC/外音取り込みの細かな調節(最大100段階)ができるほか、最後にスマホと接続した場所の情報を自動保存することで、紛失したイヤホンを探すこともできる。

Technics Audio Connectの画面

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン