このページの本文へ

オープンソースなので各種システム連携やアドオン開発も容易、ライセンス数による課金が発生しない

さくらのクラウドにて高機能オープンソース統合型CRMアプリケーション「F-RevoCRM」を提供

2020年02月20日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは2月19日、さくらのクラウドにてオープンソースの統合型CRM(顧客関係管理)アプリケーション「F-RevoCRM」を提供すると発表した。2月20日より提供開始する。

 オープンソースを活用したシステム構築を得意とするシンキングリードとの提携によるもの。シンキングリードのF-RevoCRMは、マーケティング、営業支援、問い合せ管理、販売管理などの機能を持つ高機能な統合型CRMアプリケーション。業種や業界、企業規模を問わず活用する事が可能となる。

 オープンソースであることから、各種システム連携やアドオン開発も容易、ライセンス数による課金が発生しないことからCRMアプリケーション導入が初めての企業や導入予算編成を行なっていない企業でも気軽に活用する事ができるとしている。また、項目操作などの簡単な設定がユーザーインタフェース上で可能なため、幅広い分野での活躍が期待できるという。

 インストール・ライセンス料金は無料(さくらのクラウドのサーバー利用料金は別途必要)。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!

さくら必読記事