このページの本文へ

オーディオのモニタリングや編集、ミキシングにも適した優れた解像度と低音を実現

大型106mmの平面磁気ドライバーを搭載したゲーミングヘッドフォン「LCD-GX」

2020年02月19日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスクは2月19日、米AUDEZE製のブームマイク搭載の本格的なゲーミングヘッドフォン「LCD-GX」を発表。2月下旬に発売する。

 大型106mmサイズの平面磁気ドライバーを搭載した開放型オーバーイヤーヘッドフォン。独自の平面磁気技術「Fluxor Magnetic Technology」や歪み減少をもたらす「Uniforceダイヤフラム」、幅広い再生機器に対応する低インピーダンス設計などが用いられ、ゲームだけでなくオーディオのモニタリングや編集、ミキシングにも適した優れた解像度と低音を実現しているという。

 標準のヘッドフォンケーブルに加えてノイズ軽減機能が付いた指向性ブームマイクケーブル、OMTP to CTIA変換アダプタやスプリッターケーブル、トラベルケースなどが付属する。

 価格は11万8800円前後の見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン