このページの本文へ

セブン-イレブンで6月からクレカ5ブランドのNFC Payが使用可能に

2020年02月18日 15時35分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セブン-イレブン・ジャパンは18日、全国約2万店のセブン-イレブンにおいて、2020年6月からVisa/Mastercard/JCB/Amex/ダイナースの5つのクレジットカードブランドを用いたNFC Type-A/Bによる非接触決済サービスの取り扱いを開始予定であると発表した。実際の利用時は対応カードなどをレジのリーダーにかざすだけで、サインや暗証番号が不要で支払いが完了できる。

 NFC Type-A/Bを用いた、クレジットカードブランドによる非接触決済は、総称として「NFC Pay」とも呼ばれ、海外ではすでに主流となっている決済サービスである。国内ではあまり知名度は高まっていないが、ローソンやマクドナルド、すき家といったチェーンですでに対応しているほか、新規発行のクレジットカードでの搭載(横向きの波形マークが描かれている)、またApple Pay/Google Payとの組み合わせで利用できるケースも増えている。

三井住友カードのページより。NFC Payに対応したカードでは右上のようなロゴが描かれている(Visaでは「Visaのタッチ決済」と呼んでいる)

 今後も訪日外国人の増加が期待されるなか、セブン-イレブンでも海外で主流の決済サービスに対応するのは重要なトピックと言える。

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン