このページの本文へ

au、縦開きスマホ「Galaxy Z Flip」発売! 実機をチェック

2020年02月17日 17時30分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは17日、サムスン電子製の折りたたみ端末「Galaxy Z Flip SCV47」を2月28日に発売すると発表した。au Online Shopでの価格は税込で17万9360円。18日午前9時からau取扱店およびau Online Shopで予約を受け付ける。

2月末に早くも発売される縦開きスマホ「Galaxy Z Flip」

グローバルでの発表から2週間強で国内発売!
あらたなスタイルの折りたたみスマホ

 Galaxy Z Flipはグローバルでも11日に発表されたばかり。その時点でもauからのリリースが公表されていたが、あらためて都内で発表会が開催されて、メディアの前に姿を現わした。

 すでに報じられているとおりに、Galaxy Z Flipの最大の魅力が縦開きのスタイル。開いた状態では6.7型だが、21.9:9とかなり縦長なことで、横幅は約74mmと片手でも使えるサイズ。折りたたむと当然縦方向が約半分になり、ポケットに収まる。

開いた状態ではちょっと縦長な普通のスマホ

折りたたむとコンパクトサイズに。情報表示用の1.1型ディスプレーを搭載

 端末を途中まで開いた状態で使える点も本機の特長で、開閉の角度に合わせたUIが用意されている。たとえばカメラは机に置いた状態での撮影も可能。これまでにない操作感が体験できる。

90度開いた状態で机に置いて、カメラアプリを起動すると上半分にファインダー、下半分に操作パネルが表示

側面に指紋センサーが

 主なスペックは、Snapdragon 855、8GBメモリー、256GBストレージに、カメラはメインが12メガ広角+12メガ超広角でインカメラは10メガ、バッテリーは上下合わせて3300mAh(ワイヤレス充電対応)、Android 10など。側面に指紋センサー内蔵の電源ボタンを搭載。カラバリはミラーパープル、ミラーブラックの2色。タイムラグを最小限にして、国内に導入したのでおサイフケータイには非対応である。

こちらはミラーパープルのカラバリ

閉じるとヒンジ部にGalaxyのロゴが現われる

製品には専用のカバーも付属する

このように取り付けられる

 国内では今春の5Gサービス開始を目の前にした状態だが、本機は4Gまでの対応。発表会では「5Gの息吹が感じられる製品」として紹介された。販売方式については、別記事(「au、自動車の残価設定型ローンにより近づけた「かえトクプログラム」を開始」)を参照いただきたいが、2年後の残価として約33%の5万9760円を設定。その差額となる11万9600円を2年に渡って支払うこととなる(5200円×23回)。その後は端末の下取り(返却)での残債免除、もしくは残債の支払い(24回分割も可)のどちらかを選ぶことになる。

新しい販売方式では、2年後に返却の必要があるが、税込で約12万円弱の支払い

au「Galaxy Z Flip SCV47」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 6.7型有機EL(21.9:9)
1.1型(閉じた状態)
画面解像度 1080×2636
サイズ 約74×167×6.8mm(最厚部7.2mm)
/約74×87×15.5mm(最厚部17.3mm)
重量 約183g
CPU Snapdragon 855 2.9GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 8GB
内蔵ストレージ 256GB
外部メモリー ×
OS Android 10
FeliCa/NFC ×/○
カメラ画素数 アウト:1200万画素+1200万画素(超広角)
イン:1000万画素
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ×/×
バッテリー容量 3300mAh
生体認証 ○(指紋、顔)
連続通話時間 約2110分
連続待受時間 約390時間
USB端子 Type-C
カラバリ ミラーパープル、ミラーブラック
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン