このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第179回

ガラケーさながらの「Galaxy Z Flip」には誰もが使える魅力がある!

2020年03月21日 12時00分更新

文● 友納一樹(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回レビューするのは、サムスン電子の「Galaxy Z Flip」。昨今話題になっている折りたたみスマホの仲間ですが、従来機種とは異なり縦方向に折りたためるのが特徴のフォルダブルスマホです。

 国内ではauの専売で、一括払いの価格は17万9360円(税抜以下同)。かえトクプログラム(※)を適用した場合は11万9600円となります。カラーは「ミラーパープル」「ミラーブラック」の2種類です。

 筆者はこれまで、ファーウェイの「HUAWEI Mate X」、サムスンの「Galaxy Fold」と大画面がウリの折りたたみスマホを触る機会がありました。それらとの違いにも触れながら、Galaxy Z Flipの使い勝手をレポートしたいと思います。

(※)購入端末の価格から、2年後の買取価格の支払いが免除されるプログラム。24回払い、25ヵ月目で新機種に買い替えることが条件。

ポケットに収まるコンパクトさ

 Galaxy Z Flipは本体を縦方向に、いわばガラケースタイルで折りたためるスマホです。閉じたときの大きさは手のひらに収まるサイズ。シャツやジャケットの胸ポケットにも難なく収まります。

閉じたときのサイズはおよそ、縦87×横74×厚さ15.5mm(最厚部17.3mm)。重量は約183g

ポケットに入るコンパクトさ

 パカッと開くと、縦長のスリムなスマホに。厚さが7mmほどになるので、片手でがっちりホールドできます。ただ画面上部には指が届かないので、両手で操作する必要はあります。

開くと縦167mmのスリムサイズに。厚さは6.9mm(最厚部7.2mm)

本体右側に電源ボタンと音量ボタン

左側にSIMカードスロット

 それにしても、意味もなくパカパカと開いたり閉じたりを繰り返したくなりますね。筆者は小学生の頃によく遊んだゲームボーイアドバンスSPを思い出しました。あと個人的に好みなのが、背面にあるカバーディスプレー。ガラケー感のある約1.1型の小さな画面ですが、閉じた状態で画面をタップしたり電源ボタンを押したりすると時刻や通知の有無を確認できます。

閉じると上面に来るカバーディスプレー

 メインのディスプレーは約6.7型(1080×2636ドット)の有機ELを採用。肝心の折り目の部分は、光の当たり具合によっては凹凸が見てわかる程度で、見づらいと感じることはありませんでした。スリムなぶん、一行あたりの文字数はわずかに少なくなります。たいして気にならないだろうと思っていたのですが、ニュースなどを読んでいると、ふと視線の往復が普段よりも多いかも? と感じることも。とはいえ、これは些細なことで、使っていくうちに慣れるはず。タワーや橋など縦/横長の写真はいくらか迫力が増すように思います。

iPhone 11(左)と比較

厚さも比べてみた。Galaxy Z Flipは開いた状態

こういった写真は普通のスマホより楽しめそう

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン