このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PhotoshopとPhotoshop Lightroom、Premiere Proでの使い勝手を検証してみた

写真&動画編集で期待以上の性能を発揮! Ryzen 7&GeForce搭載「DAIV A5」はストレージ強化でさらに快適に!

2020年01月31日 11時00分更新

文● 周防克弥 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウスコンピューターのクリエイター向けデスクトップパソコン「DAIV A5」

 Ryzen 7 3700Xを採用し、13万円台という高いコストパフォーマンスを持つマウスコンピューターiconのクリエイティブ向けデスクトップパソコン「DAIV A5icon」。基本スペックは前回のベンチマークテストで確認できたが、アプリでの使い勝手やパフォーマンスはやはり使ってみないと判断できない。そういうわけで、3回目となる本記事では、普段よく使うPhotoshopとPhotoshop Lightroomでの使い勝手をお伝えしよう。

Photoshop/Photoshop Lightroomで期待値以上の性能を発揮

 PhotoshopもPhotoshop LightroomもGPUの要求はあまり高くなく、本機に搭載されているミドルレンジのGeForce GTX 1650でも結構余裕はある。PhotoshopとPhotoshop LightroomでのGPUの主な仕事は画面描写に関する部分で、エフェクトやフィルター、プラグイン、補正などを行なう場合のプレビュー時に活躍する。また、拡大して細部を確認する場合はもちろん、拡大したまま画面の隅々をチェックするためのドラッグ操作時にも、内蔵GPUとディスクリートGPUでは画面の描画速度に大きな差が出てくる。

Photoshop(拡大表示でのドラッグ操作)。 画面を拡大し、マウス操作でドラッグしながら細部の確認をするだけでもGPUの使用率は跳ね上がる。2400万画素のデジタルカメラで撮影したPSDファイルだが、GeForce GTX 1650では結構負荷が高めな印象だ

Photoshop(チルトぼかし)。チルトぼかしのプレビューでは、GPUの機能が大きく影響する。ぼかし量の効き具合をちょっとずつ変えながら確認するが、ディスクリートGPUが無いパソコンでは書き換えが目で追えるほどゆっくりになってしまい作業効率が落ちる

Photoshop Lightroom(拡大表示での画面描画)。Lightroomでも拡大して画面を隅々まで確認しているとGPUの使用率は高くなる。それでも書き換えは瞬時にできるので、書き換えていることを意識しないで作業可能だ

Photoshop Lightroom(書き出し)。2400万画素のデジタルカメラで撮影したRAWデータ500枚を補正なしでそのままPSD(16bit)形式で書き出しを行なってみた。CPUの処理にストレージの書き込み速度が追いつかず処理待ちが起きている。タスクマネージャーの表示順が変わっててわかりにくいが、ディスク1はCドライブ(SSD)、ディスク0はDドライブ(1TB HDD)。後者に保存するとさらに遅くなる

SATA接続のSSDを搭載しているため、読み込み速度は500MB/秒弱、書き込み速度は400MB/秒になっている。ファイル操作などでは影響は感じないものの、Photoshop Lightroomの書き出し処理には大きく影響してしまう

 Photoshop LightroomでRAWデータ500枚の書き出し時間を測定すると、約10分37秒ほどだった。これはストレージの書き出し中に待機時間が発生し、CPUが処理待ちになってしまったためである。JPEG(最高画質)での書き出しは約3分57秒ほどで終了しているため、フルスペックでの処理能力がうまく発揮されていないのではないかと思われる。

 DAIV A5iconに標準で搭載されているSSDはM.2 SATA接続。これにより、Ryzen 7 3700Xの処理に書き込みが追いつかず、かえってボトルネックになってしまっている。書き出し中にタスクマネージャーで確認してみると、ストレージの使用率が100%まで上がっていて、CPUが動作していない時間が生じていることがわかる。

 同じDAIV Aシリーズの上位モデルにあたる「DAIV A7icon」での動作状態もチェックしたことがあるが、そちらにはPCIe 4.0に対応したNVMe接続のSSDが採用されていた。DAIV A5iconと同じRyzen 7 3700Xに16GBメモリーの組み合わせでGPU(Radeon RX 5700)は違うものの、約3分半で処理できている。その結果を考えれば、DAIV A5iconでもストレージをNVMe接続のSSDに変更すれば、DAIV A7と同一かそれに近い処理能力になるだろう。

 Photoshop Lightroomの書き出し処理においては、ストレージのスペックがCPUやGPUの性能に追いついておらず、性能を引き出せていない点が見受けられる。だが、CPUそのものの処理能力は高いので、NVMe接続のSSDに変更することでかなり改善されるだろう。GPUの性能は決して高い方ではないが、Photoshop/Photoshop Lightroomでは十分な処理能力が出ているので、写真をあつかうのがメインなら、DAIV A5iconは期待値以上の性能で作業できるマシンといえよう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マウスコンピューター