このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

予選大会を勝ち抜いた4チームが火花を散らす

興奮と感動! 第2回全国高校eスポーツ選手権LoL部門優勝はN高・沖縄「KDG N1」!

2019年12月31日 09時00分更新

文● 市川 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

決勝戦が開幕
第2回LOL部門のチャンピオンは、N高・沖縄のKDG N1!

KDG N1

Yuki飯食べ隊

 ついに決勝戦の幕が上がった。KDG N1とYuki飯食べ隊が決勝戦という舞台に立ち、最後の戦いに臨んだ。どのチームが勝ってもおかしくはない状況なので、どういう展開を迎えるか皆目見当がつかない。果たして、勝利の女神はどのチームに舞い降りるのか。私は、会場に集う観客とともに固唾をのんで見守っていた。

チャンピオンの座を賭けた集団戦に息を呑んだ

第1試合はKDG N1が1本を取った

 第1試合は、KDG N1の紅一点であるShakeSpeare選手が参戦し、Yuki飯食べ隊の意表を突いた。キル数、ゴールド獲得数、タワーの破壊数を見る限りKDG N1が有利だが、Yuki飯食べ隊はなんとか巻き返しを図るべく奮闘。終盤、Yuki飯食べ隊がかなり有利になる中立モンスターを倒し、これはYuki飯食べ隊が逆転したのでは? と会場も盛り上がった。しかし、Yuki飯食べ隊が勢いにのってほか中立モンスターと戦っている最中に、KDG N1は中立モンスター争いでは負けると判断したのか敵の拠点にテレポートし、一気にそのまま勝利をもぎ取った。

第2試合に臨むKDG N1(左)とYuki飯食べ隊(右)

1本を巻き返すべく、アグレッシブに攻めていくYuki飯食べ隊

KDG N1からインファーナルドレイクをスティールした、Yuki飯食べ隊のFunahwi選手

 このままでは後がないYuki飯食べ隊。なんとしても1本を取りたいという想いで、第2試合はアグレッシブに攻めていった。次々と敵を倒し、この勢いをキープすれば逆転も不可能ではないと思われた。しかし、KDG N1も負けじと攻撃を繰り出し、先が読めない展開に。Yuki飯食べ隊はチャンピオンを強化したり、インファーナルドレイク(ドラゴンバフのひとつで、攻撃力と魔力が増加する効果が得られる)をスティール(相手が狙ったラストヒットを奪い、バフなどの効果を得る)するなど大逆転を狙う。

KDG N1のMarimo選手のスーパープレイにより、ついにチャンピオンの座を獲得

 だが、終盤でKDG N1のエースであるMarimo選手のスーパープレイが炸裂し、Yuki飯食べ隊の拠点を破壊。第2試合もKDG N1が勝利を奪取し、第2回全国高校eスポーツ選手権LoL部門の覇者となった。チャンピオンとなったKDG N1には優勝トロフィー、GALLERIAのゲーミングノートパソコン「GALLERIA GAMEMASTER」、カップヌードル1年分、達成者ライズと1名につき5万RPが贈呈された。

GALLERIAのゲーミングノートパソコン「GALLERIA GAMEMASTER」を全員分プレゼント

巨大なカップヌードル

達成者ライズと1名につき5万RP

 囲み取材では、KDG N1がお互いを褒めたたえたり、リーダーのMarimo選手を称賛する様子が見受けられた。「今回の大会はMarimo選手ばかり目立っていて悔しいので、来年はもっと活躍して優勝をとりたいです」と、ShakeSpeare選手は笑顔でコメント。冗談が言い合えるほどメンバー同士の絆が深いKDG N1の今後に注目していきたい。

第3回全国高校eスポーツ選手権の開催を発表!

 最後に、第3回全国高校eスポーツ選手権の開催を発表した。来年開催予定で、後日詳細を発表するという。高校生たちの戦いと、eスポーツの青春はまだ終わらない。来年はどのチームが勝ち残り、どんなプレイを見せてくれるのか。第3回全国高校eスポーツ選手権にも期待したいところだ。

第2回全国高校eスポーツ選手権LOL部門の王者となったKDG N1のメンバー

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ