このページの本文へ

4万円台のワコム液タブが登場! 他社製のペンも利用可能に

2020年01月07日 14時00分更新

文● 高橋佑司/ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ワコムは1月7日、液晶ペンタブレットの新シリーズ「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」(以下、Wacom One)を発表。同日から予約販売を開始し、1月16日から発売する。直販価格は4万2900円。

 Wacom Oneは、エントリー向けの液晶ペンタブレットで、イラストやマンガの制作はもちろん、画像編集や資料への書き込みなど、あらゆるジャンルのユーザーをターゲットにしたワコムの新シリーズ。

 これまで同社が販売していたエントリー向けの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq 16」が、直販価格7万4580円なのに対し、より価格を抑えたモデルになる。

Wacom One本体

背面の様子。左のスタンドを立ち上げると、下に替え芯3本が内蔵されている。スタンドによる傾きは19度

 液晶サイズは13.3インチで、本体サイズは357(W)×225(D)×14.6(H)mm、重量は1kgと持ち運びもしやすい。Windows、Macに加えて、Android OSにも対応する。接続にはUSB Type-AとHDMI専用ケーブルを用いる。

 また、同社の従来の液晶ペンタブレットでは基本的に他社製のデジタライザーペンとの互換性がなかったのに対して、Wacom OneではLamy、ステッドラーなどの文具メーカーから発売しているデジタライザーペンが利用できるという。

 これにより、書き心地や形状など、自分の好みに合わせたツール選択が可能。なお、従来のWacom Cintiqなどに付属していたWacom Pro Pen 2などとは互換性はない。

 標準のバンドルソフトウェアとして、PC用イラスト制作ソフトウェアの「CLIP STUDIO PAINT PRO(6ヵ月ライセンス)」やスマホ・タブレット向けの描画アプリ「Bamboo Paperプロパック」、動画編集ソフトウェア「Adobe Premiere Rush(2ヵ月ライセンス)」などが付属するので、購入してすぐにクリエイティブ活動が始められる。

ワコム製小型液晶ペンタブレットのスペック比較表

 最大表示解像度はフルHD(1920×1080ドット)。筆圧レベルは4096段階で傾き検知は±60レベル、応答速度は26ms。色域は、NTSCカバー率72%で、Wacom Cintiqと同等の数値になる。

フムフムハック編集長 やまぐち まきこ氏

 今回、新製品発表会にて、ライフハックコンテンツブログ「フムフムハック」の編集長で文具ライターとしても活躍するやまぐち まきこ氏が登壇。自前のイラストを交えながら、活用シーンの紹介や、オススメポイントなどを解説してくれた。

写真に手書きのイラストや文字を入れる際に、画面を見ながら直感的に書き込める液晶タブレットがオススメだという

「4万円で買えるワコムの液晶タブレット」という価格は同氏も驚きだったという

サードパーティー製のペンが選べることで、ペンにこだわりのある文具好きの人にもオススメとのこと

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン