このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第108回

電子サイン機能「Adobe Sign」を利用してみる

月2回まで無料で利用可能 Acrobat Reader DCの電子サイン機能

2019年12月24日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手書きで署名したい場合は、スマホに指で手書きしよう

 手書きで署名したいがマウスではキレイに書けない、というのであれば「モバイル」を利用しよう。自分の電話番号を入力するとSMSでURLが届く。ウェブページを開くと、署名画面になるのでスマホを横にして指で手書きすればいい。「完了」をタップすると、PC側の画面にその署名が読み込まれるので、そのまま「適用」をクリックすれば完了だ。

 PDFに署名が書き込まれるので、問題なければ「クリックして署名」をクリックする。

手書きで入力するなら「モバイル」をクリックして電話番号を入力する

スマホに送信されたリンクから署名画面を開き、手書きで名前を書く

PC側に署名が取り込まれるので「適用」をクリックする

PDFに入力されたのを確認したら「クリックして署名」をクリックする

 署名が終わると、署名入りのPDFが送り返されてくる。Acrobat Reader DCで開き、署名を確認しよう。また、最後のページには、監査レポートが付いている。いつ誰が文書を作成して送信し、誰が閲覧してサインしたのか、そしてIPアドレスまできっちりわかるようになっているのだ。

署名付のPDFが送り返されてくる

最後のページに、操作の詳細が記録されている

 本来であれば、書類を印刷して相手に渡し、署名してもらってから送り返してもらうという行程が発生する。郵送で行うなら、何日もかかってしまう作業だ。契約書の場合は印紙税がかかってしまうところだが、電子サインだったら、それも不要。時間もコストも節約できるので、見逃す手はない。

 せっかく月に2回は無料で利用できるのだから、まずは気軽に試してみることをお勧めする。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】