このページの本文へ

「HP Z1 Entry Tower G5」クリエイターズファイル 第1回

安くてコンパクトでも高性能な、個人クリエイターが選ぶべきPCがわかった!

「YouTuberとして動画で食べていこう」という人におすすめのクリエイター向けPC「HP Z1 Entry Tower G5」

2019年12月23日 11時00分更新

文● 山口優 編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「HP Z1 Entry Tower G5」がクリエイターに最適な理由

 HPはコンシューマ向けPCやプリンターのメーカーとしてもお馴染みだが、ワークステーションの大手としても知られる。国内では2008年より11年連続シェア1位を達成しており、プロクリエイターからも高い支持を得ている。

 Windows 10 Pro搭載の「HP Z1 Entry Tower G5」は、ワークステーションのメーカーとして豊富な実績を誇るHPのラインナップの中では比較的リーズナブルで、YouTuberデビューを考えている人や、フリーランスの映像クリエイターがはじめて導入するのにピッタリの製品だ。もちろん、映像系以外にも、イラストや3Dグラフィックス、写真編集などを手がけるポスター製作やフライヤー製作、漫画製作や「アドビ インデザイン」を利用したエディトリアルワークなどでも十分に力を発揮してくれる。

 一般的なクリエイティブPCと比べて「HP Z1 Entry Tower G5」が優れているのは、次の5つ。

(1)高性能なタワー型でありながら比較的コンパクト
(2)最高クラスのCPUと外付けGPU「GeForce RTX」を搭載可能
(3)工具を使うことなく手軽にストレージの換装・増設が可能
(4)3年間の翌日対応の訪問修理保証
(5)クリエイター向けPCの中では比較的安価

 それでは、これらの特長をひとつずつチェックしていこう。

日本HPの「HP Z1 Entry Tower G5」。ミニタワー型本体に高性能を搭載している

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン