このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第162回

3万円台で買える「Xperia 8」は必要十分な機能で使い勝手良し!

2019年11月26日 10時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Y!mobileでも買える「Xperia 8」
上位モデルXperia 1/5との違いは?

 au、Y!mobile、UQ mobileから発売された「Xperia 8」。数字はグレードを表しており、夏に発売されたXperia 1がもっともハイスペックで、今秋ドコモ、au、ソフトバンクから発売されたXperia 5は、スペックはそのままにサイズダウンしたモデル。そして、Xperia 8は、Xperia 5よりも下だけど、海外で販売されているXperia 10よりは上という位置付けです。

 Xperia 8は、Y!mobileとUQ mobileが初めて取り扱うXperiaとしても注目されています。とくにY!mobileは、ホワイト、ブラック、オレンジ、ブルーの全4色を取り揃え、主力商品として販売していく構え。価格は一括払いで3万9600円(税込)と、Xperiaの新モデルとしては、お手頃な価格設定になっています。そのY!mobileから借りたモデルを1週間ほど使ってみました。

Xperia 1/5と同じく縦長ディスプレーを搭載し
片手操作が楽チン

 Xperia 8は、Xperia 1/5と同じく、画面アスペクト比が21:9の縦に長いディスプレーを搭載しています。ただし、Xperia 1/5は有機ELですが、Xperia 8は液晶です。画面サイズは6.0型(2520×1080ドット)。Xperia 5(6.1型)よりも少しだけ小さいのですが、左右のベゼルはXperia 5より太めで、横幅はXperia 5よりも1mm太い69mmです。それでも、昨今のスマホの中ではスリムで、片手でも操作しやすい印象です。

サイズは約69×158×8.1mmで、重さは約170g
片手でも操作しやすいサイズ感だが、画面表示を縮小する「片手モード」にも切り替えられる

 右側面に指紋センサーを搭載した電源ボタンと音量ボタンを配置し、左側面にはSIMとmicroSDのスロット。上部にイヤホンジャック、下部にType-CのUSBポートを備えています。Xperia 1/5には独立したイヤホンジャックはなく、USBポートと兼ねる仕様なので、旧来の仕様のXperia 8のほうが使いやすい、という人もいるでしょう。

電源ボタンが指紋センサーを兼ね、スピーディーにアンロックできる
nanoSIMとmicroSD(最大512GB)をセットできる。なお、SIMにはキャリアのロックがかけられている
本体上部に3.5mmのイヤホンジャックを搭載
底部にType-CのUSBポートを搭載

 背面パネルには、フロントパネルと同じく「Corning Gorilla Glass 6」という強化ガラスが使われています。光沢はありますが指紋が付きにくく、スマホケースを付けずに、そのまま使うのもアリという印象。防水(IPX5/IPX8)と防塵(IP6X)にも対応し、おサイフケータイが使えることもセールスポイントと言えるでしょう。

背面パネルはフラットで、デュアルカメラ部分が出っ張っている。オレンジはY!mobileとauが取り扱い、UQ mobileでは買えない。光沢が控えめで、上品な質感だ

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン