このページの本文へ

企業のクラウド移行のセキュリティーをサポート

マカフィー、McAfee MVISIONポートフォリオを強化

2019年11月07日 13時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マカフィーは11月2日(現地時間)、「McAfee MVISIONポートフォリオ」を強化する製品群を発表した。

 新製品は「McAfee MVISION EDR」、「McAfee MVISION Cloud 」、「McAfee MVISION Endpoint」、「McAfee MVISION ePO」で構成される。

 McAfee MVISION EDR(Endpoint Detection and Response)とMcAfee MVISION Endpointは連携サービスとして提供。調査と修復のための脅威イベントデータの精度を高めるために、ネイティブセキュリティーコントロール、高度なふるまい分析、および認証情報の盗難監視が連携して動作する。

 McAfee MVISION ePOはセキュリティー管理や承認のワークフローをサポートするもの。オンプレミスのセキュリティーインフラストラクチャのメンテナンスを不要にし、セキュリティーの担当者がセキュリティーに専念できるようになるという。

 McAfee MVISION Cloudは、SaaS(Software-as-a-Service)、IaaS(Infrastructure-as-a-Service)、およびPaaS(Platform-as-a-Service)環境にわたってデータ保護と脅威防御を提供。数分や数時間単位ではなく数ミリ秒単位のふるまいに基づくゼロデイ攻撃の検出を目的として設計された新たなGateway Antimalware Engineを採用。企業のクラウドセキュリティー体制や推奨事項、ワークフローの成熟度に関する客観的かつ他社比較による評価の提供。インシデント修復プロセスにエンドユーザーを関与できるエンドユーザー修復などの新機能を持つ。

 各製品に関する詳細は以下のサイトから。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる