このページの本文へ

NTT東日本、企業向けSDxサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」を発表

2019年11月07日 09時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTT東日本は11月6日、企業向けSDxサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」を発表した。提供開始は11月11日から。

 ユーザーが求めるVPN装置(マネージド型ルーター)や、スイッチ装置の設定を事前に実施し、導入から運用までをサポートするもの。「ギガらくWi-Fi」に加え、ギガらくVPNとギガらくスイッチを活用することで、LAN環境はもちろん、WAN環境でも柔軟なネットワークを提供し、安定した業務環境の運用を支援するという。

 月額利用料 (装置1台あたり)はギガらくVPNが4500円〜、ギガらくスイッチは2500円〜。オプションとして「訪問修理オプション(500円)」「拡張サポートオプション(2000円)」を用意。初期費用は不要。最低利用期間は24ヵ月。

 また、自社ブランドでのサービスの提供を希望するパートナーに、本サービスをOEMで提供。OEM先のパートナー企業とともに、新たなサービスの市場創造を図るとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ