このページの本文へ

Amazon Alexaも使える1万4980円「Fire TV Cube」発売

2019年11月05日 00時01分更新

文● 上代瑠偉 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アマゾンジャパンは11月5日、キューブ型の新製品「Fire TV Cube」をAmazon.co.jpで発売します。価格は1万4980円。

 Fire TV Cubeは、自宅のテレビでAmazon Prime VideoやNetflixを楽しめるリモコン型端末「Fire TV Stick」に、スマートスピーカー「Amazon Echo」を付け加えたような製品。

 Fire TV Stickのようにテレビに接続して動画を観るのはもちろん、Amazon Echoのように「Alexa、今日の天気は?」や「Alexa、電気をつけて」などと喋りかけるだけで音声操作もできます。

 この製品の1世代目は2018年6月21日にアメリカのAmazon.comのみで発売。今回、2世代目が日本に初上陸しました。写真を見て「なんだ、この謎のキューブ型の物体は?」と思った人も少なくないはず。今回はお話を聞いてきたので、簡単にご紹介します。

 そもそも、Fire TVシリーズには「Fire TV Stick(4980円)」と「Fire TV Stick 4K(6980円)」がラインナップされていました。今回発売されたFire TV Cubeは1万4980円。Fire TVシリーズでは史上最高額とのこと。

 CPUはFire TVシリーズでは初めてヘキサコア(6コア)を採用しており、同シリーズでは最もパワフルとうたいます。4K Ultra HD、Dolby Vision、HDR10+、Dolby Atmosにも対応。

 内蔵マイクを8個搭載し、Alexaの聴き取りも向上しました。とはいえ、コンテンツを流していると聞き取りづらいので、テレビやスピーカーの前から30cmほど離すと良いらしいです。

 「テレビをつけて」と話しかけると、テレビが起動します。起動まで5秒ほど待つ必要がありますが、これでも以前よりはだいぶ早くなったとか。「Alexa、下にスクロール」や「Alexa、もっと見せて」と話しかけると、ラインナップをさらに確認できます。

 コンテンツの再生中にも、音声操作は可能。一時停止したり、最初から再生したりできます。面倒ならば、付属のリモコンを使うと良いかもしれません。

 テレビをつけたまま「Alexa、今日の天気は?」と話しかけると、スマートディスプレーのように映像でも天気の詳細を教えてくれます。

 設置したカメラの映像をリアルタイムで流すことも可能。玄関の様子、子どもやペッドの部屋を映すのに便利とのこと。

「Alexa、電気をつけて」と言った様子。

 もちろん、テレビを起動していない状態でも、Alexaの音声操作は可能。Fire TV StickとFire TV Stick 4Kでは、Alexaの操作はリモコンのボタンを押す必要があったので、この点は向上したと言えそうです。

 Alexaスキルはアップデート可能。Amazon Echoには対応しているものの、Fire TV Cubeには対応していないAlexaスキルもあるので、Amazon Echoのヘビーユーザーはほんの少し困るかもしれません。一方で、Fire TV StickとFire TV Stick 4Kに搭載している機能はすべてカバーしています。

「Fire TV Stick」「Fire TV Stick 4K」「Fire TV Cube」(左から順に)。

 Amazon.co.jpが毎年開催する「Amazon Prime Day(7月)」と「サイバーマンデー(12月)」では、ありとあらゆる製品のなかでも、Fire TV StickとFire TV Stick 4Kが1番人気とのこと。日本初上陸のFire TV Cubeにも注目が集まりそうです。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン