このページの本文へ

東京モーターショー 2019レポート 第5回

東京モーターショー 2019

SUVとPHEVで生きていくと強く感じさせる三菱自動車ブースの展示車両

2019年10月28日 14時00分更新

文● 栗原祥光 撮影●栗原祥光

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京モーターショー2019の三菱自動車ブースでは2台のコンセプトカーを展示し、人々の注目を集めている。

 1台目は「MI-TECH CONCEPT」という近未来のコンパクトSUVだ。三菱自動車のラインナップの柱はSUVであることは疑いの余地はない。その中でフラグシップのアウトランダーPHEVは、その名の通りエンジンが駆動だけでなく発電にも使われている現在もっとも現実的な電気自動車といえる技術だ。しかし、PHEVはその機構ゆえに大型にせざるを得ず、RVRやイクリプス・クロスにこの機構は搭載されていない。

 今回発表した「MI-TECH CONCEPT」は、駆動力はモーターを使用し、充電用(エクステンダー)としてガソリンエンジンではなく「ガスタービンユニット」を搭載しているという点が新しい。エクステンダーを搭載した電気自動車は、日産の「e-POWER」をはじめ、BMWなどからも登場している。

 だが、いずれも燃料にガソリンを使ったものだ。ガスタービンユニットは、ガソリンや軽油を使ったエンジンよりも小型化できるほか、燃料そのものもガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコールなどが選択可能だという。実用化までに時間がかかりそうだが、このコンセプトカーは「三菱は今後、SUVとPHEV技術で生きていく」という強いメッセージを感じさせるものだ。

 そしてもう1台が「K-WAGON CONCEPT」。ハイトワゴンタイプの軽自動車だ。三菱自動車の軽自動車といえば、今年春に登場したekシリーズが記憶に新しいが、こちらはいわゆる普通の5ドア車。現在の軽自動車市場のニーズは「後席スライドドア」の搭載であり、各社から強力なラインアップが用意されている。

 三菱自動車もekスペースとして販売しているが、このK-WAGON CONCEPTはekスペースの後継車種と言えるもの。もちろんプラットホームはekと同じものであることは疑いの余地もない。ということは、室内は圧倒的に広く、使いやすいというわけだ。発売は早ければ年度内を予定しているようで、ライバル車種に対してどれだけのアドバンテージを持っているのか、ekクロスの完成度が高いだけに期待したいところだ。

 ブースの入口には既に海外で発表済みのPHEVのSUV「ENGELBERG TOURER」もジャパンプレミアされ、こちらも注目の1台。残念ながらランエボはなくなってしまったが、三菱はSUVとPHEV技術で業界を引っ張っていくという強い意志を感じる。

 ブースではそのほか、現行車種を展示しているほか、グッズコーナーも充実。黒をベースにレッドダイアモンドという、あのロゴグッズを手に入れる数少ないチャンスでもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ