このページの本文へ

4基のファンによる強力冷却と“魅せる”ケーブルレイアウト補助機構が秀逸

2万円切りの高機能PCケース、NZXT「H510 Elite」の貫禄

2019年10月23日 11時00分更新

文● 竹内亮介 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

すっきり魅せつつ実用性もあるつくり

 前面近くにある白いプレートもデザインのアクセントになっている。また、それと同時にこのプレートはマザーボード裏面から各種ケーブルを引き出すためのスリットとしても機能する。マザーボード裏面から見るとスリットの部分がへこんでいるため、太い電源ケーブルも右側面側にはみ出す心配がない。

メインパーツを組み込むエリアには構造物が何もない

白いプレートの背面から電源ケーブルなどを引き出せる

 電源ユニットや3.5インチHDDは、右側面からアクセスできる下部スペースに組み込む。左側面から見るとカバーで隠れた状態になるため、強化ガラス製の左側板越しに見えるのはメインパーツのみとなる。美しいPCを作りたいユーザーにとっては、雑然とした部分をうまく隠せる仕様はありがたい。

カバーで覆われた下部スペースに電源ユニットと3.5インチHDDを組み込む

 ストレージの格納スペースは、3基までの3.5インチHDDを組み込める3.5/2.5インチシャドーベイユニットのほか、マザーボードベース裏面のスペースに2基ぶんの2.5インチシャドーベイを備える。最近はテラバイトクラスの大容量SSDや、シャドーベイを利用しないM.2 SSDの価格も安くなっており、一般的な用途で利用するPCとしては十分な収容能力と考えてよいだろう。

 ケースファンは前面に搭載する2基のLED搭載14cm角ファン、背面の12cm角ファン、天板の14cm角ファンの4基だ。これはかなり豪華な構成で、後述する冷却性能は十分高いレベルにある。ただし、筐体がコンパクトなこともあり、水冷用の大型ラジエーターは前面に28cmクラスを1基組み込めるだけとなっている。

前面に搭載する2基の14cm角ファン

背面には12cm角ファン、天板には14cm角ファンを搭載

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中