このページの本文へ

独自性のある優れた戦略を実践し、高い収益性を達成、維持している企業・事業を表彰

エレコム、2019年度「ポーター賞」を受賞

2019年10月17日 14時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは10月16日、2019年度「ポーター賞」を受賞したと発表した。

 ポーター賞は2001年に創設、本年が19回目となる賞。独自性のある優れた戦略を実践し、高い収益性を達成、維持している企業・事業が表彰されている。名前は競争戦略論の第一人者であり、長年にわたり日本企業に関心を寄せ、一橋大学との共同研究の歴史を持つハーバード大学のマイケル E . ポーター教授に由来。

 エレコムでは、カテゴリー内シェア1位の製品を多く持ち、他社を大幅に上回る人数の営業担当者が主たる販売チャネルである家電量販店の売り場を活性化させていることなどが受賞理由という。受賞式は12月5日に一橋講堂にて開催。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース