このページの本文へ

防護バックプレート装備のRadeon RX 5700 XT/5700搭載ビデオカードが発売

2019年10月10日 17時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TUF 3-RX5700XT-O8G-GAMINGDUAL-RX5700-O8G-EVO

 ASUS JAPANは10月10日、防護バックプレートを採用したRadeon RX 5700 XT搭載の「TUF 3-RX5700XT-O8G-GAMING」と、RX 5700搭載の「DUAL-RX5700-O8G-EVO」の2製品を発表した。10月11日から販売する予定。

 TUF 3-RX5700XT-O8G-GAMINGは、高密度のPCB基板バックプレートを装備。構造的な剛性を付加して基板の歪みを防ぎ、コンポーネントや回路を損傷から保護するという。

 防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」も搭載しており、ホコリが集まりやすいPCケースの中でも、長期間にわたって性能の劣化なく使い続けられるとしている。

トリプルファンを採用

 エンジンクロックは、OCモードでベースクロックが1730MHz、ゲームクロックが1870MHz、ブーストクロックが1980MHz。Gamingモードでベースクロックが1650MHz、ゲーミングクロックが1795MHz、ブーストクロックが1905MHz。

 ビデオメモリーはGDDR6 8GB、メモリークロックは14Gbps、メモリーインターフェースは256bit。解像度は7680×4320ドットまで対応。出力インターフェースは、DisplayPort×3(DisplayPort 1.4)、HDMI×1(HDMI 2.0b)。補助電源コネクターは8ピン+6ピンで、推奨電源ユニットは600Wから。

 サイズは約幅269×奥行き125×高さ54mmで2.7スロット占有。予想実売価格は5万4000円前後。

 DUAL-RX5700-O8G-EVOは、ファンのハブを小さくすることでブレードを延長し、バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高め、冷却効果を向上したという「Axial-techファン」を採用。

デュアルファンを採用

 エンジンクロックは、OCモードでベースクロックが1565MHz、ゲームクロックが1720MHz、ブーストクロックが1750MHz。Gamingモードでベースクロックが1515MHz、ゲームクロックが1675MHz、ブーストクロックが1750MHz。

 ビデオメモリーはGDDR6 8GB、メモリークロックは14Gbps、メモリーインターフェースは256bit、解像度は7680×4320ドットまで対応。出力インターフェースは、DisplayPort×3(DisplayPort 1.4)、HDMI×1(HDMI 2.0b)。補助電源コネクターは8ピン+6ピンで、推奨電源ユニットは600Wから。

 サイズは約幅271×奥行き132×高さ51mmで2.7スロット占有。予想実売価格は4万8000円前後。

カテゴリートップへ