このページの本文へ

メイプル材の音響特性を活かしたドライバーチューニング

ナイコム、米GRADO製2019年限定生産ヘッドフォン「The White Headphone」

2019年10月11日 00時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ナイコムは10月11日、米国ヘッドフォンメーカー「GRADO(グラド)」製の2019年限定生産のLimited Editionモデルとなるオープン型ヘッドフォン「The White Headphone(ザ・ホワイトヘッドホン)」の取扱を発表。10月18日に発売する。

 GRADOとして初めてホワイトに彩色したメイプル材をアウターハウジングに使用。ハウジングの通気孔面積を従来モデルより減らし、ホワイト・メイプルの使用量を増加している。専用チューニングを施した50mm径ドライバーはメイプル材の音響特性を最大限活かし、聴き疲れを感じさせることのない細やかな解像度で音楽を忠実に再現するという。

 開放型のメリットを引き出す大型フルサイズのイヤーパッドを備え、12芯の無酸素銅採用のケーブルを採用する。価格は9万8890円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン